リアリティのダンス

リアリティのダンス

リアリティノダンス
LA DANZA DE LA REALIDAD

2014年7月12日(土)公開[R-15] / 上映時間:130分 / 製作:2013年(チリ=仏) / 配給:アップリンク=パルコ

(C) “LE SOLEIL FILMS“ CHILE - “CAMERA ONE“ FRANCE 201

解説 『エル・トポ』や『ホーリー・マウンテン』などの作品を手がけ、カルト的な人気を博すチリの映画作家アレハンドロ・ホドロフスキーが23年ぶりに手がけた新作映画。監督の自伝を基に、チリの田舎町で暮す一家の生活を、シュールレアリスティックな描写やショッキングな場面を交えて描く。『エル・トポ』のブロンティス・ホドロフスキーが出演。

ストーリー 1920年代、軍事政権下のチリ。幼少のアレハンドロ・ホドロフスキーは、権威的な父と、アレハンドロを自分の父親の生まれ変わりだと信じる母と暮らしていた。アレハンドロはロシア系ユダヤ人であるがゆえにいじめられ、世間と自分との狭間で苦しんでいた。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー
音楽:アダン・ホドロフスキー

キャスト

ハイメ:ブロンティス・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
イェレミアス・ハースコヴィッツ
アレハンドロ:アレハンドロ・ホドロフスキー
バスティアン・ボーデンホーファー
アンドレス・コックス
アナキスト:アダン・ホドロフスキー
クリストバル・ホドロフスキー

リアリティのダンスの画像