トーキョービッチ, アイラブユー

トーキョービッチ, アイラブユー

トーキョービッチアイラブユー

製作:2013年(日本)

解説 演劇ユニット、オーストラ・マコンドーが、近松門左衛門の代表作『曽根崎心中』を現代の東京に置き換えた同名舞台を映画化。監督は『症例X』『家族X』で注目された1980年生まれの吉田光希。これまで生々しいリアリティに満ちた人間同士の関係性を追求してきた気鋭が、大都会の刹那的なメロドラマというフィクショナルな演出に挑んだ1作。

ストーリー 風俗嬢の初江は、客として出会った義徳との不倫の関係に心地よさを感じ、妻との生活に行き詰まっている義徳も彼女との時間に安らぎを覚えていた。しかし義徳が会社の同僚に頼まれて、借金の連帯保証人になったことから、初江との関係を妻に知られてしまう。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全1件)