劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

ゲキジョウバンギンタマシンヤクベニザクラヘン

2010年4月24日(土)公開 / 上映時間:96分 / 製作:2010年(日本) / 配給:ワーナー

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

解説 週刊少年ジャンプの人気コミック『銀魂』。そのシリーズ中、最もスケールの大きいエピソード“紅桜篇“を新解釈で映画化。宇宙人・天人の来襲を受け、突如価値観が変わってしまった江戸を舞台に、坂田銀時、通称・万事屋・銀さんの活躍をダイナミックに描く。宇宙人、高層ビル、バイクに電車など、何でもありの世界観に魅了される。

ストーリー パラレルワールドの江戸。そこに最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。普段は脱力系だが本気を出すとめっぽう強い。妖刀“紅桜“をめぐって、彼はアイドル追っかけの相棒・志村新八、美少女の怪力宇宙人・神楽と共に、宿敵・高杉晋助と壮大な戦いを繰り広げる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)