孤高のメス

孤高のメス

ココウノメス

2010年6月5日(土)公開 / 上映時間:126分 / 製作:2010年(日本) / 配給:東映

(C)2010「孤高のメス」製作委員会

解説 ‘07年に出版され累計90万部を超えるベストセラーとなった同名小説を映画化。悪しき慣習がはびこる病院を舞台に、命と患者に正面から向き合うひとりの医師の姿を通し、現代医療の抱える様々な問題に警鐘をならす社会派ドラマだ。順天堂大医学部の完全協力による本格的手術シーンにも注目。監督はPFF出身で『ラブ・ファイト』などを手掛けた成島出。

ストーリー 1989年、ある地方都市の市民病院。患者より権威、体制を重んじ手術もまともにできない医師が幅をきかせていたその病院に、患者第一主義を貫く外科医、当麻鉄彦が赴任してくる。“命“を何より重んじ己の信念を曲げず、当麻は次々と困難なオペを成功させていくが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)