蟹工船(2009年)

蟹工船(2009年)

カニコウセン

2009年7月4日(土)公開 / 上映時間:109分 / 製作:2009年(日本) / 配給:IMJエンタテインメント

(C)2009「蟹工船」製作委員会

解説 『疾走』から実に4年ぶりに届いたSABU監督の新作は、格差社会の現代を生きる若者たちに共感を呼び、再び脚光を浴びることとなった小林多喜二の同名小説の映画化。劣悪な労働環境下にある蟹工船を舞台に、虐げられる労働者と、彼らを酷使する監督者の間に起きる騒動を描き出す。監督自身が「現代に生きる若者すべてに贈る」と断言する意欲作。

ストーリー カムチャッカ沖で蟹をとり、船上で缶詰に加工する蟹工船・博光丸の出稼ぎ労働者たちは、監督・浅川の下で過酷な労働を強いられていた。そんなある時、漁に出た新庄と塩田は博光丸からはぐれ、ロシア船に救助され……

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全9件)