女の一生(1953年)

オンナノイッショウ

上映時間:136分 / 製作:1953年(日本)

解説 モーパッサンの同名小説を新藤兼人が翻案・監督。京都の寺に生まれた藤子は、牛肉屋山崎亭の真太郎に嫁ぐが、夫に裏切られ、藤子の不幸な一生が始まった。原作の舞台ノルマンディーを京都に置き換え、太平洋戦争を織り込むなど、新藤の脚色は巧みであったが、物語の暗さのせいか観客には受け入れられなかった。

情報提供:ぴあ