パンドラの匣(はこ)

パンドラの匣(はこ)

パンドラノハコ

2009年10月10日(土)公開 / 上映時間:94分 / 製作:2009年(日本) / 配給:東京テアトル

(C)2009 「パンドラの匣」製作委員会

解説 『パビリオン山椒魚』の異才・冨永昌敬監督が、太宰治の名作『パンドラの匣』を基に描く人間ドラマ。結核を患った少年・ひばりが入った療養所「健康道場」を舞台に、そこで暮らす人々の姿と、かすかな希望を導き出すまでの物語を繊細なタッチで描く。オーディションで選ばれた染谷将太をはじめ、川上未映子、仲里依紗ら個性的なキャストが揃う。

ストーリー 1945年。結核を患った少年・利助は山の中の療養所「健康道場」に身を寄せる。“ひばり“というあだ名をつけられ、道場で暮らし始めた彼の前にある日、大阪から新しい看護婦長として“竹さん“という女が現れる。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:冨永昌敬
音楽:菊地成孔

キャスト

ひばり:染谷将太
竹さん:川上未映子
マア坊:仲里依紗
つくし:窪塚洋介
ひばりの母:洞口依子
場長:ミッキー・カーチス
固パン:ふかわりょう
越後獅子:小田豊
かっぽれ:杉山彦々
大月キヨ子:KIKI

パンドラの匣(はこ)の画像