チェチェンへ アレクサンドラの旅

チェチェンへ アレクサンドラの旅

チェチェンヘアレクサンドラノタビ
ALEKSANDRA

2008年12月20日(土)公開 / 上映時間:92分 / 製作:2007年(ロシア=仏) / 配給:パンドラ=太秦

(C)Proline-film (C)Mikhail Lemkhin

解説 孫に会うためにチェチェンのロシア軍駐屯地を訪れた祖母アレクサンドラ。彼女は扮装の続くこの地で何を目にしたのか?『太陽』のアレクサンドル・ソクーロフ監督が戦争と人間の本質を鋭い眼差しで描く力作。実際にチェチェンでロケ撮影を敢行し、戦闘シーンを一切描くことなく、チェチェンの現状と、そこで生きる人々の心情を映し出している。

ストーリー 夫を亡くし、独り身になった80歳のアレクサンドラはチェチェンのロシア軍駐屯地で将校として勤務する孫のデニスに会うため、現地を訪れる。彼女は孫に会うも、荒廃した現地の状況を見て彼女は疑問を抱き始め……

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全5件)