恋人たちの失われた革命

恋人たちの失われた革命

コイビトタチノウシナワレタカクメイ
LES AMANTS REGULIERS

2007年1月2日(火)公開 / 上映時間:182分 / 製作:2005年(仏) / 配給:ビターズ・エンド

解説 1968年、革命に燃えるパリを舞台に若い男女の情熱や希望、そして挫折と絶望を、自身が二十歳のときに体験したことを基に描いた巨匠、フィリップ・ガレルによる壮大な抒情詩。まさに私小説ともいえる本作の主演には、ベルトルッチの『ドリーマーズ』で注目を集める新鋭にして、息子であるルイ・ガレルを起用し、愛と喪失の激動の日々を浮き彫りにする。

ストーリー 革命に揺れるパリで、二十歳の詩人フランソワは、街に繰り出しデモや集会の日々。ある日、彫刻家を目指す美しい女性リリーと出会った彼は、一瞬にして恋に落ちる。夢や芸術を語り、愛を深めていく2人だったが……。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:フィリップ・ガレル

キャスト

ルイ・ガレル
クロティルド・エスム
モーリス・ガレル
ブリジット・シィ
エリック・ルリヤ
ジュリアン・リュカ
ニコラ・ブリデ
ニコラ・モーリー
マチュー・ジュネ
オーレリア・アルカイス

恋人たちの失われた革命の画像