灼熱の肌

灼熱の肌

シャクネツノハダ
UN ETE BRULANT

2012年7月21日(土)公開 / 上映時間:95分 / 製作:2011年(仏=伊=スイス) / 配給:ビターズ・エンド=コムストック・グループ

(C)2011 - Rectangle Productions / Wild Bunch / Faro Film / Prince Film

解説 『内なる傷跡』で注目された後、『秘密の子供』や『ギターはもう聞こえない』などを発表してきた名匠フィリップ・ガレル。常に“愛の誕生と喪失“を描いてきた彼が、息子ルイ・ガレルを主演に迎えて撮りあげたラブ・ストーリー。2組のカップルが愛を育む様や駆け引きが描かれる。裸体を大胆に披露した共演のモニカ・ベルッチの妖艶な演技に注目。

ストーリー 売れない俳優のポールとその恋人エリザベートは、ローマにいる画家のフレデリックのもとを訪ねる。そこには映画女優で、フレデリックの妻でもあるアンジェルがいた。罪深いほどに美しい彼女と、フレデリックは疑いや欲望を抱えながらひと夏を過ごす。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)