シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神

シンシティフクシュウノメガミ
SIN CITY :A DAME TO KILL FOR

2015年1月10日(土)公開[R-15] / 上映時間:103分 / 製作:2014年(米) / 配給:ギャガ

(C)2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.

解説 フランク・ミラーのグラフィックノベルを作者自ら映画化した『シン・シティ』の新章が9年ぶりに登場。本作もミラーがロバート・ロドリゲスと共同で監督を務め、“罪の街“シン・シティで繰り広げられるドラマをスタイリッシュな映像で描きだす。ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスら、前作のキャストが再集結している。

ストーリー ストリップバー“ケイディ“のダンサー、ナンシーは、唯一愛した男ジョンを死に追いやった街の権力者ロアーク上院議員への復讐を心に誓っていた。しかしロアークも愛息を殺したジョンを憎んでいた。憎しみは頂点に達し、ついにナンシーはロアークと対峙する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全37件)