夕凪の街 桜の国

夕凪の街 桜の国

ユウナギノマチサクラノクニ

2007年7月28日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2007年(日本) / 配給:アートポート

(C)2007「夕凪の街 桜の国」製作委員会

解説 2004年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞と手塚治虫文化新生賞に輝いたこうの史代の同名漫画を、『半落ち』の佐々部清監督が映画化。広島への原爆投下から13年後に生きる被爆女性と、その姪で父の行動から叔母の残した思いを知ることになる現代の女性。ふたりの姿を通し、平和の尊さや生きることの喜びを市井の目線で描き出す。

ストーリー 原爆投下から13年後の広島。原爆症の発病を恐れて暮らす皆実は、訪れた幸せに心の傷が痛む日々を送っていた。時を経た現代。皆実の弟・旭の行動を不審に思った娘の七波は、そのあとをつけるうちに自らのルーツに辿り着く……。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:佐々部清
原作:こうの史代
音楽:村松崇継

キャスト

田中麗奈
麻生久美子
吉沢悠
中越典子
藤村志保
堺正章
伊崎充則
金井勇太
粟田麗
田山涼成

夕凪の街 桜の国の画像