マリー・アントワネット(2006年)

マリー・アントワネット(2006年)

マリーアントワネット
MARIE ANTOINETTE

2007年1月20日(土)公開 / 上映時間:123分 / 製作:2006年(米=仏=日本) / 配給:東宝東和=東北新社

(C)2005 I Want Candy LLC.

解説 『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラが、マリ-・アントワネットをヒロインに映画化。14歳でオーストリアからフランスに嫁ぎ、贅の限りを尽くして国民の反感を買った王妃。だが羨望と嫉妬のなか、プライベートが一切なく孤独だった彼女の半生を、ひとりの少女の成長物語として描出。マリー役をキルスティン・ダンストが好演している。

ストーリー マリー・アントワネットは母親の意思により、14歳でフランスにお嫁入り。しかし、夫のルイ14世は自分に興味がないのか手も触れてこない。その虚しさから彼女は、ギャンブルやパーティにハマっていき……。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ソフィア・コッポラ

キャスト

キルスティン・ダンスト
ジェイソン・シュワルツマン
アーシア・アルジェント
マリアンヌ・フェイスフル
ジュディ・デイヴィス
ジェイミー・ドーナン
リップ・トーン
スティーヴ・クーガン
ローズ・バーン
オーロール・クレマン

マリー・アントワネット(2006年)の画像