忘れえぬ慕情

ワスレエヌボジョウ

上映時間:118分 / 製作:1956年(日本=仏) / 配給:テラ=パテ・シネマ=松竹大船=仏/シラ

解説 フランスから長崎に赴任してきた造船技師は、両親を失い弟妹の面倒を見ながら呉服店を切り回している娘に愛情を抱くようになるが、そこに技師の昔の恋人が現れる……。愛の葛藤を描くイヴ・シャンピの日・仏合作映画。この作品が縁となってイヴ・シャンピと岸恵子は結ばれた(しかしその後離婚)。「アンナ・カレニナ」「ローマの休日」などで知られる名カメラマン、H・アルカンが撮影を務めている。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:イヴ・シャンピ

キャスト

岸恵子
ダニエル・ダリュー