ルパン三世(1978年)

ルパン三世(1978年)

ルパンサンセイ

製作:1978年(日本) / 配給:東京ムービー新社

解説 原作はアメコミ調のタッチで人気を得た、モンキー・パンチのヤング・コミック。TVシリーズでも旧作(1971)、新作(1977)、PART III(1984)とアニメ化されたが、なかで最もアダルト色の強い旧シリーズのスタッフを中心に作られた、劇場用アニメ化の第1作。世界を舞台に、奔放なイメージで繰り広げられるノンストップ・アクションは痛快の一語で、アニメによる日本製“007“といった趣がある。出現した巨大な脳を、ルパンが破壊するクライマックスが圧巻。ルパンは、愛する謎の女・峰不二子に頼まれ、“賢者の石“を探していた。だが不二子は、マモーなる謎の男に操られていたのだ。ルパンも彼に捕らわれ、カリブ海の孤島へと運ばれる。実はマモーは1万年も生き続け、歴史に介入してきたクローン人間で、偉人たちのコレクションにルパンも加えようというのだ。ルパンの仲間の五右衛門と次元、さらにルパンを追う銭形警部も島に乗り込み、激しい戦いが始まった。DVDタイトルは「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)