ガープの世界

ガープの世界

ガープノセカイ

製作:1982年 / 配給:ワーナー・ブラザース映画

解説 1978年に発表され一大センセーションを巻き起こした アーヴィングの自伝的小説『ガープの世界』は、アメリカだけでも500万部以上売れたというベストセラー。この名著をG・R・ヒル監督が映画化した。第二次世界大戦中、母親の一方的な性的行為によって生を受けた息子、ガープ。レスリングに夢中になり、恋に悩み、肉欲に溺れながら成長していく彼の生きざまを、時にはコミカルに、時には哀しげに描き上げている。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全3件)