パリ・セヴェイユ

パリ・セヴェイユ

パリセヴェイユ
PARIS S'EVEILLE

製作:1991年(仏) / 配給:ヘラルド

解説 『カイエ・デュ・シネマ』誌の批評家として出発したO・アサイヤス監督の第3作。クレマンとアドリアンの父子は、4年ぶりに再会した。18歳の娘ルイーズと同棲する父に、息子のアドリアンは違和感を抱きながら、自身も生き方を模索する。やがてアドリアンはルイーズと接近するが、昔の犯罪に脅える彼は国外に脱出し、クレマンはアルジェに行く。一人残されたルイーズは、プロデューサーに身を委ねあこがれのテレビの世界へ……。登場人物たちがひたすらあがき、動きまわる姿を撮りたかったというアサイヤス監督。その通りに彼らがパリの夜の中で動く過程こそがこの映画の主題といえる。そしてそれと対比されるような、パリ全景を捉えたショットが印象的だ。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)