キャサリン・ロス

キャサリンロス

TVを経て、映画初出演の「シェナンドー河」(1965)で注目される。「卒業」(1967)でゴールデン・グローブ助演女優賞を受賞し人気を確立する。