アンドリュー・ニコル

アンドリューニコル

ロンドンでCMディレクターとして活躍した後、渡米。「ガタカ」(1997)で高い評価を受け、脚本を手がけた「トゥルーマン・ショー」(1998)でアカデミー脚本賞にノミネートされる。「シモーヌ」(2002)の主演女優レイチェル・ロバーツと結婚。