ティモシー・ハットン

ティモシーハットン

父は、故・ジム・ハットン。ロバート・レッドフォード監督によるスクリーン・デビュー作で、いきなりアカデミー助演男優賞を獲得。繊細でナイーブな青年の役どころには定評がある。「ウィズ・ユー」(1997)で監督に挑戦した。