ノーラ・エフロン

ノーラエフロン

雑誌のコラムやエッセイを執筆した後、TVシリーズで脚本家デビュー。自身の体験をもとにしたベストセラー小説の映画化「心みだれて」(1986)で脚本を担当。その後、アカデミー脚本賞に3度ノミネートされる。トム・ハンクスとメグ・ライアン共演の「めぐり逢えたら」(1993)が大ヒットし、ロマンチック・コメディで人気を得る。