音楽ナタリー Power Push - 坂本真綾

20年の道のりで見つけ出した音楽

今春よりデビュー20周年を記念したプロジェクトを始動させ、トリビュートアルバム「REQUEST」のリリースや過去最大規模のワンマンライブ「坂本真綾 20周年記念LIVE "FOLLOW ME"」などにぎやかな活動を行ってきた坂本真綾が、アニバーサリーイヤーを飾るオリジナルアルバム「FOLLOW ME UP」を完成させた。

アルバムには菅野よう子、岩里祐穂、h-wonder、北川勝利(ROUND TABLE)、鈴木祥子らおなじみの作家陣から、初タッグとなるさかいゆうまで幅広い作家陣が集い、坂本も自らソングライターとして3曲を書き下ろしている。節目の年に発表するアルバムを、坂本はどのような思いで作り上げたのか。音楽ナタリーでは単独インタビューで詳しく話を聞いた。

取材・文・撮影 / 臼杵成晃

 
mixiチェック

自分の現在地がよくわかった

──今作はデビュー20周年プロジェクトの中で制作されたアルバムですが、タイトルは4月に行われた「坂本真綾 20周年記念LIVE "FOLLOW ME"」(参照:坂本真綾、20周年の幕開け飾る過去最大公演「20年で後悔は1つもない」)の流れをくむ「FOLLOW ME UP」となりました。まずはあのライブについて振り返ってもらえますか?

坂本真綾

ライブの直前までは、1日限りだし、20周年という節目だし……と知らず知らずのうちに気負いを感じていたのか、緊張していたと思うんですよ。でもライブの途中からどんどん気持ちがほぐれてきて、最終的に「これから」という曲を歌い終えたところで「このライブ、やってよかったなあ」という不思議な満足感があって(笑)。すべてが100%うまくいったわけではないし、逆に課題も多く見つかったんですけど、それを含めて自分の現在地がよくわかったというか。自分を丸ごとお客さんの前にさらけ出せたことで、どこかスッキリした気分にもなったし、意味のある1日だったなと思っています。

──集大成というよりは、次の一歩につながるステージになったと。

はい。節目というとどうしても「まとめなきゃ」とか、節目っぽさを意識してしまいがちですけど、そうじゃなくてもいいんだなって。今後の自分に目線を向けられる1日になったので、アルバム制作には気持ちを集中して挑むことができました。

──もちろんこのライブの前から、20周年の流れの中でオリジナルアルバムを作るという計画はあったんですよね? 当初はどのようなイメージを持っていましたか?

1つ前のオリジナルアルバムが2013年春の「シンガーソングライター」で(参照:坂本真綾「シンガーソングライター」インタビュー)、そのあとに出したシングルは1度まとめておかないとなというのがまずあって。だから何曲かはアルバムに入れる曲が決まっている上で、じゃあ新録の曲はどういうのがいいかなという感じでした。でもどのシングルもタイプがまったく違うし、1曲1曲の個性が強いから、それを1枚のアルバムに入れて統一感を出すのは、まあたぶん無理だろうなって(笑)。

──いわゆる「バラエティ豊かな1枚」になることは前提で。作家陣は坂本さんの20年の歴史を感じさせる顔ぶれとなっていますが、そこは意識しましたか?

いえ、私の中で「せっかくの節目のタイミングに出るアルバムなので」と声をかけたのはh-wonderさんだけで。菅野よう子さんにも1曲「アルコ」を書いてもらっていますけど、これは「コードギアス 亡国のアキト 第4章『憎しみの記憶から』」という作品のために作ったもので、すでに完成していたんです。だからいつものアルバムを作っているときとあまり変わらない感覚で、私がやりたいものを実現できる方々に集まってもらった感じでした。同時に、やっぱり新しい人にも出会いたいという理由で、さかいゆうさんに初めてお声がけしました。

今なら明確にオーディエンスに向けての歌詞が書ける

──ではここから新曲を中心に話を聞かせてください。アルバムは坂本さん自身が作詞作曲をした「FOLLOW ME」で幕を明けますが、この曲、ちょっと変わった展開ですよね。サビ頭のようなAメロがあって、イントロを挟んでまたAメロ、そして最初のBメロだけ前に……。

謎の部分が(笑)。

──サビも複雑なメロディで終わるし、不思議な曲を書く人だなあと。

作っているときは自分にとって自然な流れなのでなんとも思わなかったんですけど、ディレクターに聴かせてみたら「もっと普通の構成にしたほうがいいんじゃない?」って(笑)。でもまあシングルではないし、アルバムだからこそできることもあると思うんですよ。それに、この曲はもともとアルバムの表題曲にしようと思って作ったわけではなくて。わりと力を抜いて、ただ自分が心地いいと思うもの、アクの強いアルバムの中で緩衝剤になるような曲をと思って作った曲なんです。

──アルバム1曲目で表題曲で、みたいな気負いのある曲ではなかったと。編曲を手がけた渡辺善太郎さんの反応は?

善太郎さんはむしろすごく理解してくれたというか(笑)、私が作ったデモの要素をそのまま膨らませてアレンジしてくださっていて。もっとこうしましょうみたいなお話をすることもなく、わりと早くアレンジが固まっていきましたね。

──そこからこの歌詞とタイトルになって、結果アルバムのテーマを背負う曲になったのはなぜ?

坂本真綾

なんでかと言われると自分でもよくわかんないんですけど……曲は早めに作ってたんですけど、歌詞はアルバムがほとんど完成した頃に書き始めたんです。だから自然と、アルバムを総括するような気持ちがあったというか。でも今回はそういうまとめもいらないと思っていたし、ライブでも「“FOLLOW ME”は付いてこい!という意味じゃなくて、フォローよろしくね程度のものですよ」って言ってたんですけど、今なら自然に「おいでよ!」と明確にオーディエンスに向けての歌詞が書けるかなと思って。そういう歌詞は書いたことがなかったし、「FOLLOW ME」というライブを経てのこのアルバムという流れの中で、「FOLLOW ME」をテーマに1曲書くのもいいかなと思ったんです。

──歌詞の内容で言うと、20年活動してもなお新しいものを探し求めているのが印象的で。

自分でもこの曲や「さなぎ」を書きながら、満たされない思いに歌詞が向いてしまうときに「それはもういいよ、だいぶ書いてきたよそういう歌詞は」と思ったりもするんですけど(笑)、アルバムは自分の中から自然に出てくるものを残せる場でもあるので、あえて自分の自然な流れを断ち切ってまで歌詞の方向性を変えるのも変な話だし。それに、あのライブをやって改めてよかったなと思ったのは、現状に満足するんじゃなく「まだもっと何かできるはずだ」という気持ちになれたことが大きかったんですよね。

──そんな中で「わたしに残されてる時間はあとどれくらいかな」というフレーズは妙に生々しく感じるのですが。

今が当たり前に続いていくわけではないという思いはずっとあるので、「永遠には続かない」とも書いていますけど、やっぱり行けば行くだけ前に進めると無責任には言えないんですよね。いつかは終わりが来るかもしれないし、その先にどんなことがあるかわからないけど、とりあえず私は行きますっていう。そこが私の……単純に「FOLLOW ME」とは言い切れない(笑)、性分なんでしょうね。

ニューアルバム「FOLLOW ME UP」2015年9月30日発売 / FlyingDog
初回限定盤 [CD+DVD] 4212円 / VTZL-120 / Amazon.co.jp
通常盤 [CD] 3132円 / VTCL-60420 / Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. FOLLOW ME
    [作詞・作曲:坂本真綾 / 編曲:渡辺善太郎]
  2. Be mine!
    [作詞:坂本真綾 / 作曲:the band apart / 編曲:the band apart・江口亮 / ストリングス編曲:江口亮、石塚徹]
  3. さなぎ
    [作詞:坂本真綾 / 作・編曲:北川勝利 / ストリングス編曲:牧野洋司]
  4. SAVED.
    [作詞・作曲:鈴木祥子 / 編曲:山本隆二]
  5. 東京寒い
    [作詞:坂本慎太郎 / 作曲・編曲:小山田圭吾 / performed by 坂本真綾 コーネリアス]
  6. アルコ
    [作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:菅野よう子]
  7. 幸せについて私が知っている5つの方法
    [作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:ラスマス・フェイバー]
  8. はじまりの海
    [作詞・作曲:大貫妙子 / 編曲:森俊之]
  9. これから
    [作詞・作曲:坂本真綾 / 編曲:河野伸]
  10. Waiting for the rain
    [作詞・作曲・編曲:ラスマス・フェイバー]
  11. ロードムービー
    [作詞:岩里祐穂 / 作曲・コーラス編曲:かの香織 / 編曲:渡辺善太郎]
  12. That is To Say
    [作詞:坂本真綾 / 作・編曲:h-wonder]
  13. レプリカ
    [作詞:坂本真綾 / 作・編曲:内澤崇仁(androp)/ ストリングス編曲:内澤崇仁、石塚徹]
  14. かすかなメロディ
    [作詞:坂本慎太郎 / 作曲:さかいゆう / 編曲:河野伸]
  15. アイリス
    [作詞・作曲:坂本真綾 / 編曲:鈴木祥子 / 木管編曲:鈴木祥子、山本拓夫 / コーラス編曲:坂本真綾、鈴木祥子]
初回限定盤DVD収録内容
  • はじまりの海(Music Video)
  • レプリカ(Music Video)
  • Be mine!(Music Video)
  • 幸せについて私が知っている5つの方法(Music Video)
ライブDVD / Blu-ray「坂本真綾20周年記念LIVE "FOLLOW ME" at さいたまスーパーアリーナ」2015年11月25日発売 / FlyingDog
「坂本真綾20周年記念LIVE "FOLLOW ME" at さいたまスーパーアリーナ」
Blu-ray Disc / 7560円 / VTXL-25 / Amazon.co.jp
DVD2枚組 / 6480円 / VTBL-29~30 / Amazon.co.jp
坂本真綾(サカモトマアヤ)

坂本真綾

1980年3月31日生まれ。幼少時より劇団で活動し、1996年4月にテレビアニメ「天空のエスカフローネ」のオープニングテーマ「約束はいらない」で歌手デビューを果たした。声優、女優としても活躍しながら、コンスタントにオリジナル作品を制作している。2015年春からはデビュー20周年を記念したさまざまな企画を実施。4月にはトリビュートアルバム「REQUEST」をリリースし、埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演「坂本真綾 20周年記念LIVE “FOLLOW ME”」、5月には広島・嚴島神社高舞台にてスペシャルライブ「第26回JTB世界遺産劇場 -嚴島神社- 坂本真綾 20th Anniversary Special Live Open Air Museum 2015」を開催した。9月には通算9枚目のオリジナルアルバム「FOLLOW ME UP」をリリース。