コミックナタリー

菊池風磨主演ドラマ「吾輩の部屋である」Sexy Zoneが1人ずつ声でゲスト出演

91

ドラマ「吾輩の部屋である」より。

ドラマ「吾輩の部屋である」より。

田岡りき原作のテレビドラマ「吾輩の部屋である」に、Sexy Zoneのメンバーが声でゲスト出演することが決定した。

菊池風磨(Sexy Zone)が1人で出演しているドラマ「吾輩の部屋である」は、主人公の鍵山哲郎が「ホコリはどこからやってくるのか」「間違えて買った牛乳をどうやって消費するか」といった問題を1人で思索し、その様子に家具が静かに突っ込む哲学系コメディ。Sexy Zoneのメンバーは6話から9話まで、1話につき1人ずつ登場する。誰が何役で何話に登場するかは、放送を見てからのお楽しみだ。

出演に際し、中島健人は「菊池のお芝居で笑ってしまいそうになるのを堪えて、声の出演にチャレンジしました!ヤバいくらいめちゃめちゃ楽しかったです」、佐藤勝利は「風磨くんの主演のドラマに僕含めSexy Zone全員で出るっていうのは、凄いことだと思いました。それが本当に嬉しいです」、マリウス葉は「風磨くんに色んなアドバイスをもらったので、みなさんの心に残るような良いキャラが演じられたと思います!」、松島聡は「人生で一度はアフレコをやりたいと思っていたので、風磨くんのドラマを声のお仕事の出発点にできて感無量です!」とそれぞれコメント。菊池は「オファー前に、きちんとドラマ見てるかメンバーには聞きましたけど、約2名まだ見てないヤツがいたのでそこは注意しておきました!」と語った。

「吾輩の部屋である」はゲッサン(小学館)にて連載中。ドラマは日本テレビにて、毎週月曜24時59分よりオンエアされている。第6話は10月23日に放送。なおSexy Zoneはドラマの主題歌「ぎゅっと」も務めている。

菊池風磨(Sexy Zone)コメント

自分の主演ドラマに、自分のグループの主題歌が流れるというだけでもすごく嬉しいことだと思っていたのに、声の出演とはいえメンバー全員が出るなんて!
最初に、メンバーの出演をどう思うかとプロデューサーさんに聞かれて「え~?」と言いながら、本当にすごく嬉しかったです。
オファー前に、きちんとドラマ見てるかメンバーには聞きましたけど、約2名まだ見てないヤツがいたのでそこは注意しておきました!

中島健人(Sexy Zone)コメント

オファーを受けて一瞬でワクワクしました。Sexy Zoneとしてドラマに携わることができて本当に嬉しかったです。
菊池のお芝居で笑ってしまいそうになるのを堪えて、声の出演にチャレンジしました!ヤバいくらいめちゃめちゃ楽しかったです。
菊池風磨with Sexy4をぜひお楽しみください!

佐藤勝利(Sexy Zone)コメント

台本を風磨くんに渡されて、10秒で「はい、撮るよ」って緊張がヤバかったです(笑)。でも風磨くんの主演のドラマに僕含めSexy Zone全員で出るっていうのは、凄いことだと思いました。それが本当に嬉しいです。
この作品が声の出演の代表作になるように頑張らせていただきました!

マリウス葉(Sexy Zone)コメント

声のオファーを受けて自分の役を聞いて、「なるほど!僕だからこの役!」と納得しましたし、すごく嬉しかったです。風磨くんに色んなアドバイスをもらったので、みなさんの心に残るような良いキャラが演じられたと思います!
メンバーが全員いる中でアフレコをしたのは初めてで、みんなのお芝居を生で見ることができ、普段見ないメンバーの顔を知ることができたのも嬉しかったです。

松島聡(Sexy Zone)コメント

人生で一度はアフレコをやりたいと思っていたので、風磨くんのドラマを声のお仕事の出発点にできて感無量です!ものすごく緊張したし、役がモノなので感情を入れるのが大変でしたが楽しかったです。
普段やらない声色に挑戦したり、風磨くんのお芝居の色んな引き出しも見られたり、とても勉強になりました!

(c)田岡りき/小学館 ゲッサン (c)NTV・JS

コミックナタリーをフォロー