コミックナタリー

柴田ヨクサル「カイテンワン」始動、“キングオブ番長”を決めるヒーロー物

61

「カイテンワン」の扉ページ。(c)柴田ヨクサル/講談社

「カイテンワン」の扉ページ。(c)柴田ヨクサル/講談社

「ハチワンダイバー」「妖怪番長」の柴田ヨクサルによる新連載「カイテンワン」が、本日5月9日発売のイブニング11号(講談社)にてスタートした。

前号で「妖怪番長」が完結したばかりの柴田の新作「カイテンワン」。番長の中の番長を決める“キングオブ番長”決定戦を呼びかけた墓場巫子。そこにある宿命を背負った謎の少年がやって来て……。

また今号にはヨネダコウ「Op -オプ- 夜明至の色のない日々」のエピソード2が登場した。本作は、38歳バツイチのフリー保険調査員・夜明至と、夜明が面倒を見ることになった訳ありの少年・玄を描く不定期連載。エピソード2では、夫の死の原因調査を頼まれた夜明が、玄と共に調べに向かう物語が描かれる。

なお5月23日発売の次号イブニング12号では、弘兼憲史「島耕作」の新シリーズ「学生 島耕作~就職編~」がスタート。表紙に登場することに加え、一挙2話掲載される。

コミックナタリーをフォロー