コミックナタリー

成家慎一郎がコミックヘヴンで新連載、バイト漬けの少女に訪れた出会いとは

113

発売中のコミックヘヴンVol.29(日本文芸社)にて、「ラパス・テーマパーク」の成家慎一郎による新連載「まなかの杜」がスタートした。

「まなかの杜」の主人公は女手ひとつで自分を育ててくれる母を助けようと、いつもバイトに明け暮れている少女・日下まなか。「放課後に友達と遊んでみたい」と思いながらも、気持ちを押し殺し毎日を過ごすまなかが、バイト帰りに訪れた神社で不思議な出会いを体験したことから物語は動き出す。

コミックナタリーをフォロー