コミックナタリー

劇場版の予習に!「名探偵コナン」過去の特番を4週に分けて放送

6651

青山剛昌原作のテレビアニメ「名探偵コナン」の3月19日、26日、4月2日、9日放送分では、「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」のデジタルリマスター版を放映する。これは2006年に放送されたテレビスペシャルを再編集したもの。

これはテレビアニメの放送20周年を記念し、4月16日に公開される映画「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」と連動した企画。「名探偵コナン 純黒の悪夢」ではコナンとその宿敵“黒ずくめの組織”の決戦が描かれるが、この「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」にも“黒ずくめの組織”が登場している。ひょんなことから組織の暗殺計画を知ったコナンが、FBIと共に計画を阻止しようと奔走するストーリーだ。

テレビアニメ「名探偵コナン」のチーフプロデューサーを務める諏訪道彦は、このスペシャルについて「黒ずくめの奴らの組織がどんなに恐ろしく鋭い機動力を持っているか痛感できる」「『名探偵コナン 純黒の悪夢』の驚異のミステリーサスペンスの衝撃を、より深く受け止めるためにも必須の予習シリーズ」とコメント。昔からのファンは組織のことをおさらいし、新しいファンは組織について知ることができる絶好の機会だ。

またこの4週連続放送の翌週、劇場版の公開日でもある4月16日放送の回「安室に忍び寄る影」は、独立したエピソードでありつつ、映画のスピンオフ的な要素も持ちあわせたストーリー。ファンの人は映画と合わせてチェックしてみては。

テレビアニメ「名探偵コナン」は読売テレビ・日本テレビ系で毎週土曜日の18時から18時30分まで放送中。映画「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は4月16日より、全国東宝系にて公開される。

読売テレビ・日本テレビ系「名探偵コナン」TVシリーズ放送20周年スペシャル「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」

2016年3月19日(土)、26日(土)、4月2日(土)、9日(土) 18:00~18:30

諏訪道彦チーフプロデューサー コメント

そのミステリー度には定評があり、大人も子供も楽しめる「名探偵コナン」は全体ストーリーの背骨となる「黒ずくめの奴ら」との関わりも注目されています。22年を越えた原作はもちろん、20周年を迎えたTVシリーズの中でも、まだ解き明かされていない伏線や正体の見えていないキャラクターもゴロゴロあります。そして、いつの間にかストーリーの中に提示されているヒントや解答に驚くファンも少なくありません。今回の「ブラックインパクト」シリーズはちょうど10年前、2006年1月放送された2.5時間SPを山本泰一郎監督が自らテーマを絞り、4週連続のシリーズ用にカッティングしたものです。ジンやウォッカ、ベルモット、キャンティにコルンはもちろん、日売テレビのアナウンサー・水無怜奈やあのFBI・赤井秀一まで、このシリーズを見ればそのキャラクターがわかると同時に黒ずくめの奴らの組織がどんなに恐ろしく鋭い機動力を持っているかも痛感できるのです。
そして劇場版20周年となる「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の驚異のミステリーサスペンスの衝撃を、より深く受け止めるためにも楽しく必須の予習シリーズとなっています。10年前にご覧になった方も初めての方も、どうぞ、この「ブラックインパクト」シリーズをじっくりお楽しみいただき、「名探偵コナン」の黒い部分に少しでも、ご自分のスポットライトを当てていただければ幸いです。

(c)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞