コミックナタリー

野田彩子の読み切りがフィーヤンに、霊感青年が嵐の夜に出会った美人は

136

本日1月8日発売のフィール・ヤング2月号(祥伝社)には、野田彩子の読み切り「窓辺の彼女」が掲載されている。

「窓辺の彼女」は霊感を持つ青年を軸にしたホラーラブコメ。ある嵐の夜、自宅のベランダから現れた美人女性に、青年は「幽霊でもタイプだ!!」と見惚れてしまうが……。

このほか今号には、いくえみ綾「あなたのことはそれほど」が表紙と巻頭カラーで掲載。なお次号3月号ではおかざき真里の新シリーズ「かしましめし」がスタートし、ダヨオは読み切り「おとなのぬりえ」で登場する。

コミックナタリーをフォロー