コミックナタリー

大塚英志×樹生ナトの妖怪ファンタジー&加藤雄一「ヒニイル」エースで新連載

59

大塚英志原作による樹生ナト「ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行」、加藤雄一「ヒニイル」の新連載2本が、本日9月26日に発売された月刊少年エース11月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行」は、妖怪好きの少年・柳太が主役のファンタジー作品。過疎化が進む村でおばあちゃんと2人で暮らしていた柳太は、さまざまな妖怪を空想して遊んでいた。物語は彼が、おばあちゃんから百鬼夜行を描くための絵巻をもらったことから動き出す。

「ヒニイル」は灰人(ドロス)と呼ばれる人類の敵が出現した世界で、大切な女性を守ろうとする少年・カゲロウの戦いを描くSFアクション。KADOKAWAのWebマンガサイト「ComicWalker」にてスタートした作品で、好評につきエースでの連載も開始された。

コミックナタリーをフォロー