挫・人間「もょもと」 PR

挫・人間|バンド界の不良が唱える “ふっかつのじゅもん

ナゴム的な僕らがメインストリームで暴れてるほうが絶対面白い

──今作「もょもと」はバンドサウンドが際立っています。

今まであまりこだわったことがなかったんですけど、今回初めてギター、ベース、ドラムの音にこだわったんですよ。今さら、この2017年にそんなこと言ってんのかって感じですけど(笑)。

──ギター、ベース、ドラムの音にこだわったのはなぜですか。

下川リヲ(Vo, G)

ギター、ベース、ドラムってやっぱ歴史あるものですし、人の心に近付いていくパワーみたいなものがあると思うんです。今回のアルバムには“僕たちみたいな背筋が曲がった人間が背筋伸ばす”っていうテーマがあったので、バンドらしさにトライするのもいいのかなって。単純にそのほうがいろんな人に聴いてもらえると思ったんですよ。だってナゴム的な僕らがメインストリームで暴れてるほうが絶対面白いじゃないですか。だから今回は、マジでセルアウトしてますね(笑)。

── “バンドらしさ”を目指して、曲作りはどのように進めたんですか。

まずは僕がアコギの弾き語りで曲の原型を作りました。なんとなく、アコギで作ったらギター、ベース、ドラムの音が際立った曲になるんじゃないかと思って。

──前回まではどうやって曲の原型を作ってたんですか?

前回までは腹太鼓とかで作ってました。

──腹太鼓!?

「テクノ番長」「下川最強伝説」「☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆」とかは腹太鼓ですね。

──そんな挫・人間が今回どのように“バンドらしさ”の認識を擦り合わせていったのでしょうか。

うーん。擦り合わせたというか、夏目(創太 / G, Cho)は僕とわりと考え方が似てるんで、気持ちを汲んでくれると言うか。「下やん(下川)の歌詞を読んだけど、きっとこういうマインドでしょ」って感じでギターフレーズを考えてきて。それに対してなんの文句もないんですよ。人間としての信頼感でバンドをやってるんで、基本的にメンバーに注文を付けることがそんなにないんです。アベ(マコト / B, Cho)くんともだいぶ付き合いが長いので、「ベースらしいベースを弾いて」って言っただけで。アベくん、そういうベース初めて弾いてるんじゃないですかね?(笑)

──じゃあ「やってみたら意外とできた」という感じ?

下川リヲ(Vo, G)

そうですね。と言うか、バンドらしい曲は作れて当たり前だと思ってたんで。僕たちは“バンドらしいバンド”よりハイスピードで進んできた結果、ギター、ベース、ドラムの音にこだわらないサウンドになったんだって認識してたんです。でもやってもいないのにそういうこと言ってたらダメだなと思って。で、今回やってみたら「その辺のバンドよりいいじゃん」って思っちゃいました(笑)。このアルバム、自分でもけっこう普通に聴いてます。

ライブでみんなで1つになるのって、楽しいっすね!

──さっきも言いましたが、近年の挫・人間のライブには幸福感がありますよね。

僕たち、愛されてますよねえ(笑)。

──ファンの方々とのいい関係性が歌詞にも出ていますよね。特に「クズとりんご」の「ぼくの好きなものはみんなの嫌いなもの 悪趣味を誇るのではなく、少数派が立ち上がる事実がぼくには必要」という歌詞は、今の下川さんのお客さんへの思いが表れているのかなと思いました。

マンガでもそうなんですけど、やっぱり弱者が立ち上がるのが好きなんですよね。バンドメンバーがいて、僕のことを信じてくれるお客さんが多少なりともいるわけですから、それに応えたいと思うんです。きっと僕が弱い人間なりに立ち上がるところに胸を打たれてる人がいると思うんですよ。

──はい。

僕、ライブでも物販に立たないですし、僕とファンの人が顔を合わせるのって基本的にはライブ中だけなんです。でも別に会話しなくても、ライブではお客さんの人となりがなんとなく伝わるんですよね。「うわ、コイツら家でずっと1人なんだろうな」「なんかやりたくてずっともどかしくて、どうしたらいいかわからないヤツなんだろうな」とか。そういうたくさんの“僕の亡霊”みたいな人たちがいて。その人たち1人ひとりの気持ちがあるうえで、僕が叫んでる感じなんですよね。

──最近のライブでは、下川さんがすごく楽しそうです。

下川リヲ(Vo, G)

最近初めて「ライブでみんなで1つになるのって、楽しいっすね!」と思ったんですよ。今まではライブで振りとかやるの、大っ嫌いだったんですけどね。自分がライブを観ていて「手を挙げろー!」とか言われたら、バレないように隠れてましたし。それでも、筋肉少女帯のライブでは「踊るダメ人間」の「ダメ!」の部分で飛んだりとか、「これでいいのだ」でタオルを回したりとか、普通に楽しんでいて。で、この差はなんだ!?と思ったときに、やらされてるんじゃなくてやりたいかどうかなんだなと思って。

──「下川最強伝説」で拳を突き上げる“除霊”も、もうライブではおなじみになってますもんね。

あれ、狂気の空間ですよね。初見の人もやりやすいみたいで、ほぼ100%の人が“除霊”してくれるんですけど、その光景を見てると「これ、見たかったヤツだー!」と思うんですよね。全員絶望しておかしくなっちゃってるな、と言うか。6月にWWW Xでやったワンマンライブのときふとフロアを見たら、めちゃくちゃ笑ってるヤツもいれば号泣してるヤツや一緒に歌ってるブサイクもいて。この幸せな空間が広がっていく可能性を感じて「楽しい」って言っちゃったんですよ……恥ずかしい!

挫・人間から逃げるつもりもない

──初期の挫・人間と言うか、ステージでの下川さんはすごく怒っているイメージがあって。今はステージでは怒りの感情は全然ないんですか?

ステージ上ではシンプルに幸せなんですよね。でも実は毎日ブチギレてますよ。日記を書いてるんですけど、部屋には恐ろしいノートがもう何十冊もあって。「グルーヴとかくだらねえこと言ってんじゃねえ」「ロックの老いぼれ くたばれ」とか。基本的にずっと不満を書いてるし、ずっと怒ってるのは昔から変わらないですね。でも、昔から比べると心を開いてるんだと思います。

──心を開いてる?

友達のお父さんがレコーディングエンジニアなんですけど、その友達がお父さんに「あのバンド、すごくカッコいいけどなんで売れないんだろう」って言ったら、「心開いてないからだよ」って返されたらしくて。その話を聞いて、すごく衝撃を受けたんです。「心開いてる」って言葉があまりにも端的にすべてのことを表現し過ぎてるなって。「心開く」ってことは、傷付く覚悟ができてるってことだなと思うんです。こっちが心を開いたところで相手が入ってきてくれるかどうかなんてわからないから。でも、心を閉じてる人の曲なんて誰が心を開いて聴いてくれるんだろうって思うし、そのエンジニアさんの話にすごく共感して。

──今の下川さんは傷付く覚悟ができてる状態なんですね。

下川リヲ(Vo, G)

はい、できてます。今は何を言われてもいいなって思って。僕が突然「楽しい」とか言い始めてセルアウト的なところに行って、それに対して不満や文句がある人もいると思うんですよ。そいつらはきっと、僕が「幸せな空間を守りたい」「作り上げていきたい」って思いを止めたいと思うんです。でも傷付く覚悟があれば人を傷付ける覚悟もあるし、そういう意味ではリスクも負ってる。だからムカつくヤツにはやっぱムカつくって言いたいですし、結果的に人間としては昔より恐くなってるかもしれないです(笑)。

──今作のタイトル「もょもと」はゲームソフト「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」でとある“ふっかつのじゅもん”を使ったときに、主人公のローレシア王子に付く名前ですよね。

最強の復活呪文ですね。超強い状態でゲームをスタートできるんですよ。レコーディングが終わったあとに「タイトルどうする?」って考えてたんですけど、すぐに「『もょもと』いいじゃん」って。背筋が曲がった人間が背筋を伸ばして歌うっていう、このアルバムにぴったりだなと思いますし。

──いろいろなことを経て“バンドらしさ”にトライした、今の挫・人間に合ってますね。

やったあ! うれしい! 最近、バンドが思ったよりもどんどん有名になってきて。僕は今、全国的な規模でヤバいヤツだと思われてるし、もうまともに堅気で生きていくことは不可能なんですよ(笑)。でも今から挫・人間を辞めたとしても挫・人間であったことに変わりはないので、あとには引けないんですよね。だからもう逃げるつもりはないし、まどろっこしいことを考える必要もないよなと思います。今の僕、勇者みたいな気持ちですね(笑)。

──「もょもと」が完成して、この先挫・人間はどうなりたいですか?

単純に、泡吹くぐらい売れたいです。若手でずいぶん勝手な意見かもしれないけど、僕が売れたらサブカルやアングラ界隈の憧れの人たちも一緒に上に行けると思うから。「こっちの世界は面白いから、坊や、おいで……」っていう入り口になりたいですね。それが今の僕たちにできる“全人類への復讐”だと思うんです。

下川リヲ(Vo, G)
挫・人間「もょもと」
2017年10月4日発売 / redrec / sputniklab inc.
挫・人間「もょもと」

[CD]
2592円 / RCSP-0084

Amazon.co.jp

収録曲
  1. ハッピーバースデー
  2. チャーハンたべたい
  3. 明日、俺はAxSxEになる......
  4. よくないんです
  5. eve
  6. クズとリンゴ
  7. ココ
  8. Tee-Poφwy
  9. おしゃれメロス
  10. 絶望シネマで臨死
  11. そばにいられればいいのに

ライブ情報

人間「もょもと」インストアイベント
  • 2017年10月4日(水)神奈川県 タワーレコード横浜ビブレ店 イベントスペース START 20:00
  • 2017年10月5日(木)東京都 タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース START 21:00
  • 2017年10月6日(金)東京都 HMVエソラ池袋 イベントスペース START 19:00
  • 2017年10月7日(土)大阪府 タワーレコード難波店 5F イベントスペース START 15:00
挫・人間ツアー2017~集まれ!隅っコ!移動型 在宅バンド 猛レース~
  • 2017年10月17日(火)香川県 DIME
    出演者 挫・人間 / ひめキュンフルーツ缶
  • 2017年10月18日(水)広島県 CAVE-BE
    出演者 挫・人間 / ペロペロしてやりたいわズ。
  • 2017年10月19日(木)愛知県 CLUB UPSET
    出演者 挫・人間 / 空きっ腹に酒
  • 2017年10月24日(火)北海道 COLONY
    出演者 挫・人間 / HANABOBI
  • 2017年10月26日(木)宮城県 enn 3rd
    出演者 挫・人間 / 八十八ヶ所巡礼
  • 2017年11月2日(木)静岡県 HAMAMATSU FORCE
    出演者 挫・人間 / THE ZUTAZUTAZ / オールドローズ
  • 2017年11月3日(金・祝)福岡県 UTERO
    出演者 挫・人間 / あんどん馬鹿馬 / and more
  • 2017年11月5日(日)大阪府 LIVE HOUSE Pangea
    ※ワンマンライブ
  • 2017年11月10日(金)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
    ※ワンマンライブ
挫・人間(ザニンゲン)
挫・人間
下川リヲ(Vo, G)、アベマコト(B, Cho)、夏目創太(G, Cho)からなるロックバンド。2008年、高校生だった下川を中心に熊本で結成され、翌2009年には「閃光ライオット」決勝大会に進出し、特別審査員・夏未エレナ賞を受賞。2010年には下川の進学に伴い、活動の拠点を東京に移し、以来、都内ライブハウスを中心に積極的なライブ活動を展開する。2013年には初の全国流通盤となる、1stフルアルバム「苺苺苺苺苺」を発表する。また2014年には坂本悠花里監督の映画「おばけ」に楽曲提供すると同時に出演を果たし、2015年には「念力が欲しい!!!!!!~念力家族のテーマ」がNHK Eテレのドラマ「念力家族」の主題歌に採用されるなど、ライブハウスシーン以外からも大きな注目を集める。同年8月に2ndフルアルバム「テレポート・ミュージック」を、2016年9月に5曲入りCD「非現実派宣言」を発表。2017年10月4日には3rdフルアルバム「もょもと」をリリースする。