WANIMA「Drive」 PR

WANIMA|なぜWANIMAの音楽は多くの人の心を打つのか

WANIMAが新曲「Drive」を5月16日に配信リリースした。

「Drive」はWANIMAが、6月1日公開の映画「OVER DRIVE」の主題歌として書き下ろしたナンバー。映画の監督を務めた羽住英一郎は「この楽曲に本編映像を乗せたい」との強い思いで予定になかったスペシャルロングトレイラーを制作したほど、同曲に胸を打たれたという。

音楽ナタリーではメンバー3人へのインタビューを実施し、同曲に込めた思いはもちろん、30万枚以上の売り上げを記録している最新アルバム「Everybody!!」や現在開催中のライブツアー「Everybody!! Tour」の手応えを聞いた。その中から見えてきたのは国民的バンドになりつつある彼らの、昔から一貫した変わらない思いだった。

取材・文 / 小林千絵

WANIMAは3人だけのものじゃないんだ

──昨年末にはNHK「第68回NHK紅白歌合戦」をはじめとする音楽番組に多数出演、1月にリリースしたアルバム「Everybody!!」は30万枚以上の売り上げを記録と、近頃の活躍は本当にめざましいですね。

KENTA(Vo, B) たくさんの人にWANIMAの曲が届いているのがうれしいです。

──実際にリスナーの幅が広がった実感はあります?

KENTA はい!! ライブに、小さい子から僕らより歳上の方々まで……気合いが入ります!!

──WANIMAのライブのお客さんは本当に親子連れが多いですよね。

KENTA(Vo, B)(撮影:瀧本 JON... 行秀)

KENTA 小さい子たちがWANIMAを聴いて間違った方向に行かないといいなと思います。ワンチャンを狙っている歌とかもあるんで……。

──ライブのMCでは下ネタが炸裂していますしね。

KENTA 親御さんから「うちの息子がKENTAくんの真似して保育園で『セ○クスセ○クス』って言っているみたいなんです。ほかにうまい言い方ないんですか?」という手紙をもらったことがあります。

FUJI(Dr, Cho) 大問題やね(笑)。

──すごい影響力ですね(笑)。

KENTA もうWANIMAは3人だけのものじゃないなって思います。責任感も生まれてきました。

──前回のインタビューのときにも「責任が生まれてきた」ということはおっしゃってましたけど、その気持ちは大きくなってますか?(参照:WANIMA「Gotta Go!!」インタビュー|期待を背負った3人が届ける“お守りの歌”

KENTA そうですね。メディア出演にしろライブにしろ、どうやったら楽しんでいただけるかは常に考えてます。そのうえで自分たちがやりたいことを変わらずにやっていきたいなと思います。

──自分たちのやりたいこととは?

KENTA 「たくさんの人に歌を届ける」というすごくシンプルなことですね。そのために歌を歌いたい。

──どうしてたくさんの人に歌を届けたいと思うんでしょうか?

KENTA 生きてる中で楽しいことって少ないと思うんです。だからそういう中で、僕らのライブや音楽が誰かの楽しみの1つになったらいいなと思っています。みんなそれぞれの毎日がありますし……WANIMAのライブのときくらい、気楽に気軽に……と伝えたいです。

届けなくちゃ意味がない

──ひさしぶりのインタビューなので1月にリリースされたアルバム「Everybody!!」の話も聞かせてもらってもいいですか? 今作はどういう作品になったと思いますか?

KENTA いろんなWANIMAを知ってほしいという意味と、男女性別年齢問わずいろんな人に届いてほしいという意味で「Everybody!!」というタイトルを付けました。実際にいろんなWANIMAが出せたと思いますし、何より僕自身がすごくよく聴いてます。聴いててワクワクします!! 自分の娘、息子みたい……です!!(笑)

FUJI 今までのWANIMAも進化したWANIMAも出せた1枚になったなと思います。

──特に進化した部分はどこだと思いますか?

FUJI たくさんライブを開催しがちなバンドなので、ライブを意識して作れるようになったところです。「こういう感じだったらライブでみんなで歌える」とか「ライブでこうやって楽しめそう」とか。

──たしかにシンガロングパートや掛け声のパートがたくさんありますもんね。KO-SHINさんはいかがですか?

KO-SHIN(G, Cho) ……春夏秋冬朝昼晩、喜怒哀楽、どんなときでも全部聴ける……。

──それはどうしてでしょうか?

KO-SHIN ……どうしてですか?

KENTA (KO-SHINのモノマネをしながら)僕がギターを弾いとるけんですって。

KO-SHIN ……まあそれはありますよね(小声で)。

一同 (笑)

KO-SHIN(G, Cho)(撮影:瀧本 JON... 行秀)

KO-SHIN 「いろんな人に届けたい」という気持ちが大元にあるんですけど、聴いてくれる1人ひとりにはそれぞれの悩みがあると思うんです。そういう1つひとつに向けて作っているので、そうすると全部聴けるようになるのかなと思っています。

──「たくさんの人に届く歌を」ということではなくて、聴いてくれる1人ひとりに向けた曲を作ってるということなんですね。

KENTA たくさんの人にいただいた言葉や思いが僕たちの音になってるので、結果そういう作品になってるんだと思います。だから3人で作ったんですけど、3人だけ作ってないと言うか。今まで出会った人、別れてきたやつら、そういうのものが僕たちの音になってる。人と出会ったり別れたりすることで、いろんなことを感じたり気づけたりするので。

──先日の幕張メッセ公演(参照:WANIMA、センターステージで新曲も披露した幕張メッセ2DAYS)を拝見したんですけど、大きな会場でド派手なステージングだったのに1人ひとりに向けて演奏している感じがすごくしました。

KENTA そうですね。単純に「たくさん人がいるー!」っていうことだけじゃなくて、その中の1人ひとりがそれぞれの毎日を過ごしてるわけで。例えばお客さんの中には、めちゃくちゃ明るいけど「実はつらい過去があって」っていう手紙をくれる人とかいて。そういう人に伝えたいことが音になったり、歌詞になったりしてます。

──「自分の気持ちを歌いたい」という気持ちにはならないんですか?

KENTA それも全部自分の気持ちです。お客さんとか周りの人からいろんなものをもらって、自分が感じたことを歌ってるんです。

──ファンの方からの言葉や思いも、自分の経験になっていくと言うか。

KENTA そうです。いろんな人たちに僕たちは生かされているなと思います。

──去年の「ワンチャンナイト」のときも「みんながいなかったら歌う意味がない」と言っていましたもんね(参照:WANIMA「1CHANCE NIGHT」で「みんながおらんかったら歌う意味ない」)。

KENTA 届けなくちゃ意味がなかですもんね。届けなくてもいいんだったら、無人島で3人で歌っててもよかと思うんですけど、やっぱりそうじゃない。届かないと、届けないと、気付いてもらえないと意味がなかし、気付いてあげたい。

──気付いてあげたい?

KENTA みんな言わないだけで……毎日戦っていると思うので……やけど僕らの思いはライブ会場のキャパシティが大きくなればなるほど薄まってしまいそうな気がしていて、そこはいくつになっても1人ひとりの内側に届くようなライブをしていたいです。“ともに”生きていきたいです。

WANIMA「Drive」
2018年5月16日配信 / unBORDE
WANIMA「Drive」

250円

iTunes Store

収録曲
  1. Drive

ライブ情報

Everbody!! Tour Final
  • 2018年8月25日(土)埼玉県 メットライフドーム
  • 2018年8月26日(日)埼玉県 メットライフドーム
WANIMA(ワニマ)
熊本出身のKENTA(Vo, B)、KO-SHIN(G, Cho)を中心に2010年初夏に結成されたロックバンド。2012年12月に同じく熊本出身のFUJI(Dr, Cho)が加入し、現在の編成となる。2014年にPIZZA OF DEATHとマネジメント契約。同年10月に同レーベルよりリリースした1stミニアルバム「Can Not Behave!!」はロングセラーを記録している。2015年には「SATANIC CARNIVAL」「京都大作戦2015 ~いっ祭 がっ祭 感じな祭!~」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」といった各地のフェスやイベントに多数出演。同年8月に4曲入りCD「Think That…」、11月に初のフルアルバム「Are You Coming?」をリリースした。2016年2月に「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」にて「BEST BREAKTHROUGH ARTIST」を、3月に「第8回CDショップ大賞2016」にて「Are You Coming?」で準大賞を受賞。同年8月、ニベア花王「8×4 ボディフレッシュ」のCMソング「ともに」と「カーセンサー」のCMソング「切手のないおくりもの」を収めたシングル「JUICE UP!!」をリリースした。2017年3月、「JUICE UP!!」のレコ発ツアーの最終公演として、初めてのワンマンライブを埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催。2万人のキャパシティに10万通の応募が集まった。同年5月に求人メディア「タウンワーク」のCMソング「ララバイ」を含むニューシングル「Gotta Go!!」をunBORDEから発売。同年12月にはNHK「第68回NHK紅白歌合戦」に初出演を果たした。2018年1月にフジテレビ系ドラマ「刑事ゆがみ」の主題歌「ヒューマン」やロッテ「爽」のCMソング「シグナル」を含むフルアルバム「Everybody!!」を発売し、30万枚以上の売り上げを記録している。5月に映画「OVER DRIVE」の主題歌「Drive」を配信リリース。8月には「Everybody!!」のレコ発ツアーファイナルとして埼玉・メットライフドームでの2DAYS公演が控える。