ナタリー PowerPush - たむらぱん

アルバム「wordwide」が描く“言葉と音楽”の不思議な関係

私立恵比寿中学や松平健に楽曲を提供するなど幅広い才能を発揮するたむらぱんが、5枚目のフルアルバム「wordwide」を完成させた。「もっと飛び込んじゃおう」「もっと夢中になろう」というポジティブなメッセージを含んだシングル「new world」、Shing02とのコラボレーションによる「でもない feat. Shing02」を収めた本作は、「wordwide」というタイトルが示すとおり、たむらぱんの言葉(歌詞)の世界が豊かに広がる作品となった。今回のインタビューでは彼女の歌詞に対するアプローチに着目。“言葉と音楽”をテーマにじっくりと語ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 福岡諒祠

 
mixiチェック

自分の変わらない部分は言葉だと思った

──今回のアルバムはコンセプトは「wordwide」というタイトルに集約されている気がして。まずこのタイトルの由来について教えてもらえますか?

たむらぱん

アルバムが出来上がってもタイトルが決まってなくて「ホントにどうしよう?」ってくらい悩んでたんですよ。いろいろと考える中で「あ、(今回のアルバムのポイントは)そこなんだ?」って注目してもらえるようなタイトルがいいなって思って、「だったら『言葉(word)』は使いたいな」と。「worldword」という案もあったんですけど、同じ名前のおもちゃの会社があったので(笑)「wordwide」にしました。

──「言葉・歌詞を軸にしたアルバム」というテーマは、制作当初から決めてたんですか?

いや、全然なかったですね。今回のアルバムって、前作(「mitaina」)と同時進行くらいの感じで作ってたんです。前のアルバムではいろんな方とコラボレーションさせてもらったんですけど、今回はその影響もあってアレンジとかサウンドにはひときわ気を遣ってたんですよね。これまでの経験値を含めて、音に関しては明確に進化してきたし、質も変わってきたと思うんです。

──すごく多彩なアレンジが施されてますよね、今回も。

音がどんどん変わっていく中で「逆に自分の中で変わってない部分ってどこだろう?」って思ったときに「歌詞とか言葉だろうな」って。そこが自分の根本になっていることを思い出したというとヘンかもしれないけど、自分としても「言葉を大事にしたい」と改めて思ったし、聴いてくれる人に対しても、そこに意識を向けてもらえたらうれしいな、と。例えば今回のアルバムの中で一番展開が派手な「おしごと」という曲にしても、アレンジから作ったわけではないんですよ。

──「おしごと」はまるでオペラかミュージカルのように展開していきますよね。

それもね、全部歌詞とメロディがもとになってるんです。「ここは○○調のサウンドにしたい」みたいなことを考えながら作ったんじゃなくて、歌詞とメロディの流れに合わせて「このフレーズのあとはブレイク」とか「ここから違う展開に」という感じでアレンジしていったので。

Shing02さんの曲は「理屈が通ってる」

──曲を作り始めたときから、歌詞が先にできるタイプだったんですか?

たむらぱん

そうですね。メロディだけが先にできることはあんまりない……というか、忘れちゃうんですよ(笑)。でも、そこに言葉がくっついていれば、自然とテーマも見えてくるし、広がりもあって。それは今も変わらないですね。なんていうか、言葉に託してる部分が結構多いと思うんですよ、私の場合。何も「自分の意見を突き通したい」ということではないんですけど、サウンドとかアレンジに隠れて、言葉が見えなくなるのはもったいないな、と。

──一般的なイメージで言えば「カラフルでブッ飛んだサウンド」という印象が強いかもしれないですね。

そうかもしれないですね。音楽をやってるんだから、(言葉が)しっかり音に乗ってないといけないとは思ってるんですけど、一方では「音楽だからこそ使える言葉」を認識していたいという気持ちもあって。曲のキャラクターによって、言葉使いとかもすごく意識してるし……。そこは大事にしてる部分だと思いますね、うん。

──たむらぱんさんがShing02さんとコラボレーション(本作に収録された「でもない feat. Shing02」)した理由もそこにあるのかもしれないですね。Shing02さんも、言葉をビートに乗せるということを徹底して突き詰めてる人なので。

Shing02さんの作品を聴いて、初めてヒップホップに興味を持ったんですよね。「こんなにちゃんと理屈が通ってるラップってあるんだな」って。理屈というか、筋が通ってるって言ったほうがいいのかな。あと、ひとつの曲の中で景色が変わったりしないのもいいなって思いました。「田舎の話かと思ったら急に都会かよ!」みたいな(笑)、辻褄が合ってないものが好きじゃないんですよ。途中で「あとで移動します」っていう伏線が張ってあればいいんですけど。そういうことも含めて、ちゃんと行き届いてるイメージがあったんですよね、Shing02さんの曲には。それも好きになった理由かな。

──たむらさんの歌詞にも理論的な部分がありますよね。しかも頭の中だけで構築するのではなく、ちゃんと日常に根ざしてるところが特徴かなと。

日常じゃないことを書くほうが難しいですからね。でも、身近に起こった出来事より、「そこで何を考えたか?」ということを書くことのほうが多いかもしれない。

──恋愛のことを歌うときも、ただ「寂しい、会いたい」ということではなくて……。

「この寂しさはなんぞや?」みたいな(笑)。そういうところはあるかもしれない。

逆の立場を考えることでみんなが幸せに

──ちなみに先程話に出た「おしごと」の場合はどうだったんですか? 「おしごと しなさい しなさい 働け 働け 人生なんだかんだ」というすごいフレーズで始まりますが。

(笑)。パッと聴いた瞬間の面白さもあると思うんですけど、私としてはそこでも「働くとは?」っていうことを考えていたというか。働くっていうのはそもそも、人間活動の基本というか……って、いきなり話が難しくなっちゃうんですけど(笑)。なんていうのかな、人が活動する上での第1段階って、自分以外の人と関わることだと思うんですよ。それが最初の「おしごと」じゃないかなって。そこから始まってるんですよね、この曲は。

──めちゃくちゃラジカルというか、根本から考える傾向があるんでしょうね。

たむらぱん

根本精神みたいなものはあるかも。あと自分が書いた歌がほかの出来事とつながることも結構あるんですよね。例えば「でんわ」という曲もそうだったんです。この曲を書いたきっかけは、隣に住んでたおじさんだったんですよ。なぜか家の外に出るたびに会ってたんですけど、その後、私が引っ越したから会わなくなっちゃって。ものすごく当たり前のことなんですけど、「いつも会ってた人がいなくなるのって不思議だなあ」と思って「でんわ」を書いて。

──「そんな風に誰もが突然いなくなる だけどあなたとはそんな関係になりたくない」っていう。

そうそう。実はこの曲、シングル候補だったんですよ。でも、その時期に震災が起きて。「突然いなくなる」っていう感覚が全く違う方向に向いちゃう気がしてリリースしなかったんです。「電話が来た時は」「あぁ手遅れだ」って書いちゃってる自分が気持ち悪い、とも思ったし。でもそういうことって多分どこにでも起こり得ることなんですよね。そういうことを感じたりもしました。

──きっかけは「隣のおじさん」だけど、実は普遍的なテーマにつながっている、と。「ぼくの」という曲もそうですよね。「だけど手に触れて 掴んでよ ぼくをなき者にしないでよ」というフレーズは、最近のいじめの問題にも重なるような気がします。

そうですよね。でもそういうことを思って書いた曲ではないんです。「ぼくの」はもっとベーシックな感じというか、このアルバムの中でも、自分の一番根っこの部分が出てる曲だと思うんですよ。「普段からよく考えてるんだけど、ちゃんと説明するのは難しい」ということをそのまま歌ってるというか。例えば「ぼくをなき者にしないでよ」という歌詞について言えば、それは人間だけに限ったことじゃないと思うんですよね。絶滅しそうな動物とかも同じだと思うし。大事なのはそのことを忘れちゃダメってことじゃないかなって……。

──「なき者にしないで」と切実に願っている人はいつもどこかにいる、ということですか?

そうですね。自分が幸せだったり調子が良かったりすると「どこかに寂しい思いをしている人がいる」ということが見えなくなるし、無視しちゃうこともあるんじゃないかなって。いじめの問題とかもそうだと思うけど、みんなが少しずつ「逆の立場になることもありえる」って思っていれば、なんとなーく、全体が幸せな雰囲気になるんじゃないかって思ってみたり。

ニューアルバム「wordwide」/ 2012年10月24日発売 / 日本コロムビア
「wordwide」初回限定盤A [CD+DVD] 3675円 / COZP-717~8
「wordwide」初回限定盤B [CD+DVD] 3675円 / COZP-719~20
「wordwide」通常盤 [CD] 2940円 / COCP-37599
CD収録曲
  1. new world
  2. おしごと
  3. でんわ
  4. ぼくの
  5. はだし
  6. ST
  7. ふれる
  8. 直球
  9. ヘニョリータ
  10. ポーズ
  11. 知らない
  12. でもない feat.Shing02
初回限定盤A DVD収録内容
  • TAMURAPAN 5th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE(※16曲約70分収録)
初回限定盤B DVD収録内容
  • TAMURAPAN Music Video Collection
TAMURAPAN ワンマンライブ全国ツアー
  • 2012年11月9日(金)北海道 札幌KRAPS HALL
  • 2012年11月15日(木)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
  • 2012年11月16日(金)大阪府 大阪BIG CAT
  • 2012年11月24日(土)宮城県 仙台CLUB JUNK BOX
  • 2012年11月25日(日)新潟県 新潟LOTS
  • 2012年11月28日(水)福岡県 福岡DRUM Be-1
  • 2012年11月30日(金)東京都 SHIBUYA-AX
tamurapan「たむらてん」

2012年10月19日(金)~28日(日)
東京都 渋谷PARCO PART1 6F P/I GALLERY
OPEN 10:00 / CLOSE 21:00
入場無料

たむらぱんのCDジャケットで使われたイラストの原画を含め、今まで彼女が描いて来た絵の中から厳選された作品が展示されます。この日のために描き下ろしてきた新作も多数披露される予定。

たむらぱん

作詞・作曲・アレンジはもちろん、アートワークまで手がけるマルチアーティスト・田村歩美のソロプロジェクト。2007年からMyspaceにおいて自ら楽曲プロモーションを開始し、日本初の「Myspace発メジャーデビューアーティスト」として、2008年4月に1stアルバム「ブタベスト」をリリースする。また自身の活動に加えて、松平健の「マツケンカレー」や、アイドルグループのbump.y、私立恵比寿中学などへの楽曲提供、さらにロッテ「Fit's」CM曲の歌唱など、多岐にわたる活動でその才能を発揮している。2012年10月に5thアルバム「wordwide」をリリース。