ナタリー PowerPush - 乃木坂46

“似た者同士”が語り合う「これまで」と「これから」

乃木坂46「バレッタ」特集最初のコンテンツは、生駒里奈と堀未央奈のインタビュー&フォトギャラリー。5thシングル「君の名は希望」まで乃木坂46のセンターポジションに立ち続けた生駒と、今春に2期生としてグループに加わり今作「バレッタ」で初めてセンターポジションを務める堀は、乃木坂46での立ち位置やグループに対する姿勢において共通点が多い。

今回のインタビューでは堀が乃木坂46に加入するまでの経緯や加入後に感じたこと、そして選抜メンバー発表時の心境を踏まえて、2人が考える「乃木坂46のこれから」について語ってもらった。

オーディションを受けたきっかけは「制服のマネキン」の歌詞

──堀さんはそもそも芸能界に興味があったんですか?

堀未央奈

堀未央奈 もともとアイドルが好きで興味はあったんですけど、以前1回だけオーディションを受けたら歌もダンスも全然ダメで落ちちゃって(笑)。乃木坂のことも1期生のオーディションのときから知っていたし、2期生オーディションに応募してダメだったら保育士を目指そうと思ってたんです。

──加入する前、乃木坂のことはどう思ってましたか?

 THE アイドルっていうか、さわやかな印象。大好きで、ずっと応援してました。

──じゃあもともと好きだったグループが新メンバーを募集していたから、オーディションを受けてみたら合格したと。

 はい。「制服のマネキン」の歌詞に「一歩目を踏み出してみなけりゃ 何も始まらないよ」っていうフレーズがあって、それを聴いて「受けてみなきゃ何も始まらない」と思ったんです。

生駒里奈 ホント? めっちゃうれしい!

──今年の春に乃木坂46のオーディションに合格してすぐ、堀さんは高校を辞めてしまったそうですが?

 はい。せっかくやるなら乃木坂1本に賭けようと思って。もちろん学業と両立するのも大事だと思うんですけど、岐阜に家族や友達がいるという状況から離れないと本気でできないんじゃないかと感じて辞めたんです。

──辞めるのはすんなり決断できた?

 はい。スタッフさんにも相談しないで、すぐ決断しました。

生駒 あら。

──でもそれだけ真剣にやろうっていう意識の表れですもんね。

生駒 うん。そこはすごいなって。最初は「なんで学校辞めちゃったんだろう、もったいないな」と思ったんですけど、そうでもしないと打ち込めないっていう気持ちは理解できるし、すごく尊敬します。

──歌もダンスも全然ダメだった堀さん、レッスンが始まってから相当大変だったんじゃないですか?

 大変でした。レッスンで習ったことは全部メモを取って、家に帰ってから動画を観て練習をして。やっぱり人の倍努力しないとついていけないのでがんばりました。

生駒 でも堀ちゃん、7thシングルの制作も全部ついてきましたよ。「バレッタ」と「月の大きさ」ってテンポが速いし慣れない人からしたら難しいと思うんですけど、ダンスもすぐ覚えてすごいなって。

堀は「2期生の中で一番うちら寄りだと思う」

──生駒さんから見て2期生ってどう映ってますか?

生駒 1期生の場合は……(中田)花奈みたいにずっとアイドルが好きだった人もいるけど、ほとんどがアイドルや芸能界に憧れや興味がなかった子ばかりで。でも2期生はうちらを見て入ってきてくれてるから、そこが大きく違うじゃないですか。そういうこともあって、2期生は1期生にはいないタイプの子がいっぱいいるなって感じます。

 個性豊かですよ、2期生は。

写真左から生駒里奈、堀未央奈。

生駒 うん。あと1期生は静かだけど、2期生はにぎやかっていうイメージがある。

 思ったことをハッキリ言う子が多いんです。最初、東京の子はこういう感じなのかなと思って。

生駒 そう、ハッキリ言うんですよ。そこが面白くて。2期生の勢いにビックリしました。

 私もビックリしました。

──もしかしたら堀さんって、感覚的には生駒さんに近いのかもしれませんね?

生駒 2期生の中で一番うちら寄りだと思う。1期生って、人見知り軍団だしね。

 ああ、じゃあ一緒だ。

生駒 だけど、2期生が入ったことでそういった部分も変化していくと思うんですよ。1期生って「16人のプリンシパル」公演とかいろいろ苦しいことを乗り越えてきたぶん、絆が強いんです。だからそこに全然知らない2期生が入ってきたことで、関係が壊れたら怖いなって最初は思ってたかな。

──5月の「16人のプリンシパル deux(ドゥ)」東京公演での2期生お披露目を経て(参照:乃木坂46 2期生、キャプテン桜井からムチャぶりの洗礼)、8月には幕張メッセでの全国握手会で初パフォーマンスを披露しました(参照:乃木坂46、2期生がファン1万人を前に初パフォーマンス)。1期生が2期生のパフォーマンスを観たのは、この日が初めて?

生駒 初めて。精いっぱい踊ってる2期生の姿を見て、なんか微笑ましいというか「うわあ、うちらも最初こうだったんだ!」って自分たちのことを思い出しました。

最近まで自分は乃木坂のメンバーなのか実感がなくて

──10月の代々木体育館での単独ライブでは、1期生と2期生が力を合わせてステージを作り上げていたのが印象的でした(参照:乃木坂46、圧巻の代々木競技場ライブに計2万4000人動員)。

 毎日「ここはこうしたほうがいい」「ここは間違ってたよ」「ここはこっちに行かないといけないから」って2期生同士で確認するので必死でした。途中で年少組は「ああ、もうわけわかんない!」って感じだったんですけど、そこをお姉さんチームが丁寧に説明して、みんなで協力して乗り越えました。

──改めて、それまでテレビで観ていた憧れの乃木坂46に自分が入って、しかも一緒にステージに立って歌ってるという状況には慣れましたか?

 いや、最近まで自分は乃木坂のメンバーなのか実感がなくて。本当に受かったのかどうかも……。

写真左から堀未央奈、生駒里奈。

──えっ、オーディションに受かって握手会やライブにも出演したのに、ドッキリかもしれないと?(笑)

生駒 こんな大掛かりなドッキリを(笑)。

 合格してからも岐阜にいる時間が長かったので、本当に自分は乃木坂のメンバーなのかなって思うときもあって。けっこうフワフワしてたんですけど、実際にライブが近付いてくると実感が増してどんどんうれしくなって、がんばらなくちゃって思ったんです。

ニューシングル「バレッタ」 / 2013年11月27日発売 / Sony Music Records
Type-A [CD+DVD] / 1600円 / SRCL-8423~4
Type-B [CD+DVD] / 1600円 / SRCL-8425~6
Type-C [CD+DVD] / 1600円 / SRCL-8427~8
通常盤 [CD] / 1000円 / SRCL-8429
アニメ盤 [CD] / 1300円 / SRCL-8430
Type-A CD収録曲
  1. バレッタ
  2. 月の大きさ
  3. 私のために 誰かのために
  4. バレッタ~off vocal ver.~
  5. 月の大きさ~off vocal ver.~
  6. 私のために 誰かのために~off vocal ver.~
Type-B CD収録曲
  1. バレッタ
  2. 月の大きさ
  3. そんなバカな…
  4. バレッタ~off vocal ver.~
  5. 月の大きさ~off vocal ver.~
  6. そんなバカな…~off vocal ver.~
Type-C CD収録曲
  1. バレッタ
  2. 月の大きさ
  3. 初恋の人を今でも
  4. バレッタ~off vocal ver.~
  5. 月の大きさ~off vocal ver.~
  6. 初恋の人を今でも~off vocal ver.~
通常盤 CD収録曲
  1. バレッタ
  2. 月の大きさ
  3. やさしさとは
  4. バレッタ~off vocal ver.~
  5. 月の大きさ~off vocal ver.~
  6. やさしさとは~off vocal ver.~
アニメ盤 CD収録曲
  1. バレッタ
  2. 月の大きさ
  3. 月の大きさ~アニメ版~
  4. バレッタ~off vocal ver.~
  5. 月の大きさ~off vocal ver.~
乃木坂46 (のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33名が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコン週間ランキングで初登場2位を記録し、20万枚を超えるセールスを記録した。同年5月に「おいでシャンプー」、8月に「走れ!Bicycle」、12月に「制服のマネキン」、2013年3月に「君の名は希望」を発売し、すべてオリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。同年5月には2期生が加入した。7月に6thシングル「ガールズルール」をリリースし、50万枚を超える過去最大のヒットを記録。10月に初の写真集「乃木坂派」を刊行したばかり。11月27日には7thシングル「バレッタ」をリリースする。