22/7「理解者」 PR

22/7|3rdシングルと冠番組で見せる新たな一面

最初から最後まで絶望しかない曲

──初回限定盤A、B、通常盤の全形態に共通で収録されるカップリングナンバー「絶望の花」についても、曲の印象や注目ポイントを聞かせてください。

倉岡 「理解者」では最後に自分の理解者の存在に気付いていて、ちょっとは希望があるかなと思うんですけど、「絶望の花」には最初から最後まで絶望しかなくて……すごい曲だと思いました。「人々は何も泣き叫んだりせず 空を見上げては瞼閉じて そっと腰を下ろした」という歌詞を見て人ってホントに絶望したときはこうなるんだろうな、静寂の中に強い思いが秘められているだろうなと感じました。

海乃 私の好きなAKB48さんの「エンドロール」という曲が「絶望の花」と似たようなサウンドで。いつかこういう曲を歌ってみたいと思っていたので、最初に「絶望の花」を聴いたときはうれしかったです。あとファンタジーチックな歌詞もあって、どういう状況なんだろうと想像するのが楽しい曲だと思います。

──いろんなことを読み解くことができる歌詞ですよね。

西條和

西條 私は「絶望の花」を暗いだけの曲だと思っていなくて。絶望を表す歌詞がたくさん出てくるんですけど、それで落ち込んでいるというよりは、大事なものや幸せだった記憶が全部自分の中にあって達観している、自分の中で完結している強さを感じます。

倉岡 でも「この世界が終わって」と書いてあるし、私はこの曲に希望を見い出せないなあ。

西條 希望というか、満足して自分の中で受け入れている強さなのかな。

帆風 いろんな解釈ができるね。歌詞以外のことを言うと、「絶望の花」はサビやサビ前のメロディを歌うのがすごく難しくて、レコーディングでも時間がかかりました。声の出し方やリズムの取り方に苦労しながら、みんなでがんばって完成させた曲ですね。

これまでも勝手にリーダーだと思ってた

──ダイバーシティ東京フェスティバル広場でのフリーライブでは帆風さんのリーダー就任がサプライズ発表されました。改めてそのことに対する思いを聞かせてください。

帆風 発表されたときは驚きや戸惑いもあったんですけど、みんながおめでとうって言ってくれて、なんて温かいんだろうと感動しました。メンバーがそれぞれ22/7を引っ張ってくれているので、私はみんなが困っているときに支えられる人になりたいです。

──リーダーとしてのプレッシャーは感じています?

帆風 ファンの方も「1人で背負わなくていいよ」って言ってくれたし、メンバー1人ひとりがしっかりしているので、特にプレッシャーを感じてはいないです。

──ほかのメンバーは帆風さんが22/7のリーダーに就任したことについて、どう感じています?

倉岡 とても納得しました。いつも話し合いや練習のときにみんなをまとめて、引っ張ってくれているんです。これまでも勝手にリーダーだと思って接していたので、公式にリーダーに任命されて「今頃かよ!」って思いました(笑)。でも変に気負わないでほしいし、私も千春ちゃんを助けられる人間になりたいなと思います。

キャラクターとリンクしたステージを見せたい

──9月20日には東京・マイナビBLITZ赤坂で「22/7 計算中」のスペシャルイベント「22/7 計算中 Special Event」が開催されます。番組のイベントということで今までのライブとは違ったものになりそうですが、どういった内容にしたいですか?

帆風千春

帆風 9月20日は22/7のメジャーデビュー1周年記念日なんです。すごく思い入れもある特別な日をファンの方と一緒に過ごせるのはありがたいことですし、皆さんに来てよかったと思ってもらえるようなイベントにしたいです。

西條 今まで以上にキャラクターとリンクしたステージを見せたいです。お客さんによりキャラクターのことを感じてもらえるイベントになったらいいなと思います。

海乃 何か「22/7 計算中」のイベントならではのことをしたいですね。

──イベントではなく、番組内で挑戦してみたい企画はありますか?

海乃 メンバーにドッキリをかけてみたいです! 仕掛け人になりたいってスタッフさんにずっと言ってるんですよ。私と番組のにぎやかしコンビみたいなポジションになってる、倉岡水巴ちゃん演じる河野都ちゃんにいつかドッキリを仕掛けてみたいです。

倉岡 それ、ここで言っちゃったらダメじゃん!(笑)

海乃 あっ、そうか(笑)。バレないようにやります!

倉岡 私はモーションキャプチャでどう表現するかわからないんですけど、大食い企画に挑戦したいです。アイドルさんの番組の大食い対決企画を見てると、「えっ、それで優勝なん? 私あれの10倍、いや20倍は食べれるのに」って思うんですよ。もえあずさん(もえのあずき)にも勝てる自信があります(笑)。

──すごい自信ですね(笑)。帆風さんと西條さんは番組でやってみたいことはあります?

帆風 キャラクターを動かしてスタジオでライブを披露したいです。

西條 私はメンバーと一緒にロケに行きたいです。1人だと怖いこともあるので、誰かそばにいてくれないかなっていつも思ってるんです。ロケでもキャラ同士で会話できたら面白そうですし。

──でも、滝行には4人で行ってましたよね。

西條 あのときはつらくて会話どころじゃなかったです(笑)。

帆風 確かに(笑)。

左から帆風千春、西條和、倉岡水巴、海乃るり。
22/7「理解者」
2018年8月22日発売 / Sony Music Records
22/7「理解者」初回限定盤A

初回限定盤A [CD+DVD]
1800円 / SRCL-9891~2

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. 理解者
  2. 絶望の花
  3. 韋駄天娘
  4. 理解者 -off vocal ver.-
  5. 絶望の花 -off vocal ver.-
  6. 韋駄天娘 -off vocal ver.-
DVD収録内容
  • 「理解者」music video
  • 「理解者」music video making
22/7「理解者」初回限定盤B

初回限定盤B [CD+DVD]
1800円 / SRCL-9893~4

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. 理解者
  2. 絶望の花
  3. 不確かな青春
  4. 理解者 -off vocal ver.-
  5. 絶望の花 -off vocal ver.-
  6. 不確かな青春 -off vocal ver.-
DVD収録内容
  • 「22/7 割り切れないライブ ~シャンプーの匂いがした~」@ディファ有明(2018.2.27)
  • 「22/7 割り切れないライブ ~シャンプーの匂いがした~」making
22/7「理解者」通常盤

通常盤 [CD]
1200円 / SRCL-9895

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 理解者
  2. 絶望の花
  3. 未来があるから
  4. 理解者 -off vocal ver.-
  5. 絶望の花 -off vocal ver.-
  6. 未来があるから -off vocal ver.-
イベント情報
22/7 計算中 Special Event
  • 2018年9月20日(木)東京都 マイナビBLITZ赤坂

チケット一般発売中

22/7(ナナブンノニジュウニ)
22/7
秋元康、ソニー・ミュージック、アニプレックスがタッグを組んで誕生させた“デジタル声優アイドル”。2016年12月に発表されたオーディションの合格者11人によって構成され、そのうち8人は堀口悠紀子をはじめとするクリエイターがデザインしたキャラクターを演じている。2017年9月にメジャーデビューシングル「僕は存在していなかった」を発表。2018年2月には東京・ディファ有明でライブイベント「22/7 割り切れないライブ~シャンプーの匂いがした~」を開催し、4月に2ndシングル「シャンプーの匂いがした」を発売した。同年8月に3rdシングル「理解者」をリリース。9月には東京・マイナビBLITZ赤坂でTOKYO MXで放送中の冠番組「22/7 計算中」のスペシャルイベント「22/7 計算中 Special Event」を行う。