音楽ナタリー Power Push - KKBOX presents Mayday

日本のファンに届ける 初武道館ライブ

Maydayが8月28、29日に初の東京・日本武道館公演を行う。日本デビューから1年半という早さで、日本における「ロックの聖地」に立つ彼ら。台湾出身の5人にとって武道館とはどんな場所なのか。

日本デビューから1年半を経ての心境、武道館に向けて発表されるニューシングル「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」、そしてメンバーも活用しているという定額制音楽配信サービス・KKBOXについての話題などを交えながらライブに向けての思いを語ってもらった。

取材・文 / 中野明子 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

「ロックの聖地」での一期一会

──日本デビューから1年半が経ちましたね。

怪獸(モンスター / G) はい。日本でデビューしたことによって、たくさんのアーティストやメディアの方と知り合う機会が増えて最高ですね。音楽番組や情報番組など、いろんな媒体にも登場させてもらえて本当にうれしいです。

石頭(ストーン / G)

──台湾で受ける取材との違いはありますか?

石頭(ストーン / G) けっこうありますね。日本だと音楽に関する質問が多いんですけど、台湾だとプライベートに関する質問が主なんですよ(笑)。だから音楽に関する質問にたくさん答えられることはすごく新鮮ですし、楽しいです。

──皆さんは日本デビュー後初めての単独ライブを、2014年1月に東京と大阪のZeppで開催しましたよね。そのときの感じはいかがでしたか?

怪獸 最初は、日本デビューしたばかりの僕らのライブを誰が観に来るのかと不安に思ってたんです。でも、実際に日本のファンと会えて、さらにライブで一緒に歌ってくれてる姿を観て、本当に音楽は国境を越えられるんだなって実感しました。あのライブがきっかけで、日本でもっと大きな会場でライブをしたい!という思いにもなりましたし。そのチャンスは、予想外に早く訪れましたけど。

──8月に開催される武道館公演のことですね。

阿信(アシン / Vo) はい。緊張してますけど、とても楽しみでもあります。

阿信(アシン / Vo)

──世界各国でスタジアムライブを成功させている皆さんでも緊張されるんですか?

冠佑(ミン / Dr) 僕はしませんね(笑)。ライブをするときは極力リラックスしたほうがいいと思ってるんです。そうすることで、お客さんとの一体感を作り出しやすいので。

──その一体感というのはどんな会場でも作り出せていますか?

瑪莎(マサ / B) うーん……大きな会場のときは作りづらいですね。キャパシティが5000人以下の場所であればお客さんとの距離が測れるし、表情も見られるんですけど。なので、大きな会場の場合は工夫が必要になります。

──8月に皆さんがライブを行う武道館は1万人規模の会場ですが、どうやってお客さんとの距離を縮めていきますか?

石頭 歌詞をスクリーンに映して一緒に歌うことで距離を縮められたらと思ってます。あと武道館では日本語の曲もたくさん披露する予定なので、それによって一体感を作り出せるかなと思ってます。

──武道館は日本では「ロックの聖地」と呼ばれている場所で、特別な思い入れのあるアーティストや音楽ファンが多いんです。ストーンさんは武道館にライブを観に行ったこともあるそうで。

石頭 そうなんです。以前、メンバーと一緒にエリック・クラプトンのライブを武道館に観に行きました。でも、そのとき日本武道館じゃなくて、“東京武道館”のほうに行っちゃって。「エリック・クラプトンのライブなのに人が少ない」って思ってたら、僕らが間違ってたんです。そのときはなんとか開演に間に合ったんですけど(笑)。

瑪莎 伝説の会場も見られたし、伝説的なミュージシャンのライブも観れたし楽しかったね。そんな特別なステージにこんなに早く立てるとは!という気持ちです。

──ちなみに「武道館には魔物が棲んでいる」と言われるんですね。自分たちのペースを乱されてしまうようなムードが会場に漂っていると。特に新人アーティストは独特の雰囲気に飲まれてしまったりするんです。

瑪莎(マサ / B)

怪獸 それは僕も聞いたことあります。なので、魔物に取り憑かれてしまったバンドにぜひ教えを乞いたいです。

阿信 でも僕らはもうベテランだから大丈夫だよ(笑)。

瑪莎 いやいや、僕らは日本では“新人”だよ。だから新人の気持ちで臨みます!

──前回のインタビュー(参照:Mayday「Mayday×五月天 the Best of 1999‐2013」インタビュー)でも「自分たちは日本ではまだ新人」とおっしゃってましたね。でもこの早さで武道館でライブを行うのは、新人としては異例だと思います。

阿信 僕らもそう感じてます。これはひとえにスタッフのおかげですね! 感謝の気持ちでいっぱいです。

怪獸 僕らとしては日本で徐々にステップアップしてから、武道館でライブができたらと思ってたんですよ。ただチャンスをいただいたからには、気を引き締めていきます。曲目やステージの演出もだいぶ前から考えてますし、万全の態勢で向かっていきます。

──2日間ありますが、初日と2日目でそれぞれ異なるコンセプトになるそうですね。

瑪莎 ええ。来てくれる人には、1夜目は情熱的な気持ち、2夜目は温かい気持ちになって帰ってもらえたらと思ってます。

──セットリストはキャリアを凝縮したものになるんでしょうか?

怪獸 僕らのキャリアは、2日間ではまとめられないかなあ。でも一生に1回の初めての武道館公演ですから、一期一会の気持ちで臨みたいです。

日本をはじめ、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイでサービスを提供しており、1200万人の利用者を持つアジア最大の定額制音楽配信サービス。スマートフォン、パソコン、タブレットなどで、いつでもどこでも1000万曲以上の多彩なラインナップの楽曲を聴き放題で楽しむことができるだけでなく、離れたユーザー同士で、リアルタイムに同じ楽曲を聴きながらチャットを楽しむことができる「一緒に聴く“Listen with”」といったソーシャルコミュニケーション機能が特徴となる定額制音楽配信サービス。通常会員登録ならば1日間、Facebookアカウントでの登録ならば7日間、無料でお楽しみいただけます。

  • Googleplay
「Listen with(一緒に聴く)」とは

友達や有名人、アーティストと一緒にリアルタイムで同じ音楽を聴きながらチャットができるソーシャル機能。アーティストが自身の曲に加え、影響を受けた曲や好きな曲を再生しながら、ファンの皆さまとチャットで会話することができるため、今まで知らなかったアーティストの新しい一面を発見することができます。また、KKBOXが提供しているアジア各国(台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、日本)のファンと同時に楽しむことができる、グローバルサービスのKKBOXならではの機能です。

Mayday ニューシングル「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」 / 2015年6月17日配信開始
「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」
収録曲
  1. YOUR LEGEND ~燃ゆる命~(將軍令 日本語ver.)
  2. 追憶のナインボール(九號球 日本語ver.)
  3. 青春の彼方/盛夏光年
  4. 星空
  5. 將軍令(オリジナルver.)
  6. 九號球(オリジナルver.)
Mayday「Just Rock It 2015 TOKYO」at 日本武道館
~DO YOU EVER SHINE~

2015年8月28日(金)東京都 日本武道館

~抱きしめて~

2015年8月29日(土)東京都 日本武道館

Mayday(メイデイ)
Mayday

阿信(アシン / Vo)、怪獸(モンスター / G)、石頭(ストーン / G)、瑪莎(マサ / B)、冠佑(ミン / Dr)の5人からなる台湾出身のバンド。1999年に本国でデビューし、2000年にリリースした2ndアルバム「愛情万歳」の大ヒットで確固たる地位を獲得する。2001年8月にはGLAY主催のライブイベント「GLAY EXPO 2001」に台湾代表として出演し、2004年にはアメリカ、中国、シンガポール、マレーシア、香港、日本などを回る初のワールドツアーに挑戦。2012年4月には北京国家体育場で2日間にわたる単独公演を行い大成功を収める。2013年に入ってからはflumpoolとのコラボ曲「Belief ~春を待つ君へ~」を発表したり、flumpoolとライブで共演したりするなど日本での活動を活発化させる。11月に日本版ベストアルバム「Mayday×五月天 the Best of 1999‐2013」をリリース。2014年1月に来日公演「Mayday Special Live 2014」を東京と大阪で開催した。2015年6月にニューシングル「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」を発表。同年8月に初の東京・日本武道館公演を2日間にわたって実施する。

Maydayのデビューから現在までのヒストリーをまとめた、日本語Mayday特設サイトがKKBOXで7月公開予定