King Gnu「Tokyo Rendez-Vous」 PR

King Gnu|鬼才集団が提示する新たな歌モノのスタイル

音楽家として挑戦してる

──そういったパーティチューンの要素がありつつも、切ない哀愁も漂っていて。陽気に騒ぐ感じじゃないのが、King Gnuっぽいのかなと。

井口 それはMVの印象も大きいかもしれないですね。

常田大希(Vo, G)

常田 まあ、みんなちょっと暗めの雰囲気が好きかもしれないですね。でも、そんなに暗いイメージかな(笑)。

──アルバム全体を通して歌詞だけじゃなく、サウンドやメロディにもそう感じました。エモさもありますが、若さや衝動がほとばしる感じではないですし。例えば「破裂」は、クラシカルなサウンドで。

常田 ストリングスのアレンジもちゃんとやってるんです。J-POPによくある、「とりあえず後ろにストリングス付けときゃ感動するだろ」みたいな感じではなく(笑)。1曲ごとに何かしらのチャレンジをしています。同じことをやっても仕方ないってことですかね。

新井 その気持ちはみんなに共通してあるよね。

常田 曲に統一感があったほうがわかりやすいんでしょうけど、音楽家としての挑戦をしてる感じかな。

井口新井勢喜 おおーっ!

新井 まあでも、確かにそうだよね。

井口 だから結果的に8曲共違う毛色の曲になったわけだし。

今度はどんなことをやってやろうかな

──「ロウラヴ」はこの4人体制になってから初めて作った曲だそうですね。

常田 俺はギターリフだけ投げて、各パートはそれぞれに考えてもらって。みんなで試行錯誤しながら作り上げていきました。

新井和輝(B)

新井 まだお決まりのやり方というものが制作にもレコーディングにもなくて、「今度はどんなことをやってやろうかな」と常々思っています。自分のルーツにない音楽を弾くことが難しければ、ちゃんと練習するし。

常田 真面目だよね。

新井 無理してるわけではなく、自然とやれてます。

──そしてこのアルバムは終盤の「NIGHT POOL」と「サマーレイン・ダイバー」で、だんだんと景色が滲んでいくような、すごくきれいな余韻が残る終わり方をしますね。

常田 ポエティックですね。

新井 「景色が滲んでいく」っていいですね。

──アルバム1枚を通して聴くと、入り口とは全然違うところにある出口に出た感じもします。

常田 挑戦した結果ですね。でもコンセプトアルバムというわけではなくて、1曲1曲作っていったらこうなりました。

トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル

──ミクスチャーロックと呼ばれがちですが、ストリート感はないですし、King Gnuは不思議な立ち位置のバンドですよね。

King Gnu

常田 いわゆるミクスチャーロックでは全然ないですね。だけどカルチャーやサウンドは混ざりに混ざってるっていう意味では……なんだっけ?

新井 “トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”。

常田 それですね(笑)。

新井 ジャンルに関してよく聞かれるので、いつも「ミクスチャーなんですけどミクスチャーじゃなくて……」みたいに説明してます。

──曲の世界観が「あなた」と「わたし」で成り立っているところも印象的です。

常田 それはアルバムに「Tokyo Rendez-Vous」というタイトルを付けたときから意識していて。全曲、男と女が出てくる世界観になっています。

──リスナーが曲と1対1になれますよね。東京を楽曲の舞台に選んだのはどうしてです?

常田 東京という街自体がミクスチャー的なカルチャーや景色を持っているからですね。自分たちが住んでいる街でもあるので、日々影響を受けますし。

──バンドの今後の展開についてはどのように考えていますか?

常田 群れがどんどんデカくなっていく動物のヌーをイメージしてKing Gnuという名前を付けたので、老若男女を巻き込んで活動していきたいですね。あとは、人が歌える音楽ということをより意識して曲を作っていきたいです。

──そもそも、歌モノにこだわっている理由はなんなんでしょう?

常田 群れになるには声が必要なんです。楽器を鳴らすだけだったら、群れにはならない。人は声を聴くことで煽られたり、心にグッときたり、歌いたくなったりするということに、ちゃんと向き合っていきたいんです。

King Gnu
King Gnu「Tokyo Rendez-Vous」
2017年10月25発売 / PERIMETRON
King Gnu「Tokyo Rendez-Vous」

[CD]
1800円 / UXCL-128

Amazon.co.jp

収録曲
  1. Tokyo Rendez-Vous
  2. McDonald Romance
  3. あなたは蜃気楼
  4. Vinyl
  5. 破裂
  6. ロウラヴ
  7. NIGHT POOL
  8. サマーレイン・ダイバー
King Gnu 1st ONE-MAN LIVE「Tokyo Rendez-Vous」

2018年1月28日(日)東京都 WWW

King Gnu(キングヌー)
King Gnu
2015年に結成された、東京藝術大学出身のクリエイター・常田大希(Vo, G)が率いるミクスチャーバンド。常田、勢喜遊(Dr, Sampler)、新井和輝(B)、井口理(Vo, Key)の4人体制になったのち、2017年5月にバンド名をSrv.VinciからKing Gnuに改名した。同年10月に1stアルバム「Tokyo Rendez-Vous」をリリース。2018年1月28日には初のワンマンライブ「Tokyo Rendez-Vous」を開催する。