King Gnu|鬼才集団が提示する新たな歌モノのスタイル

アルバムのテーマは「歌もの」

──今回のアルバム「Tokyo Randez-Vous」を制作するにあたって、何かテーマはありましたか?

常田 「歌モノ」ですね。邦楽を作ろうと。

──1曲目の「Tokyo Randez-Vous」はこのアルバムを象徴するような曲だと思っていて。常田さんと井口さんの声のコントラストが、楽曲に立体感をもたらしていますね。

常田 そうですね。サビはかなりJ-POPライクなんですけど、ほかの部分にはいかついサウンドもちゃんと残していて。バランスをうまく取れた気がします。

──いろんな音が入ってる中でも歌が際立つと言うか。

常田 それはメロディの力が大きいんじゃないですかね。サトルの声にはよくも悪くもまったく洋楽っぽさがないので、J-POPの感じがハマるんですよ。そこが今の洋楽ライクな若手バンドとは違うところかもしれないです。でも、サウンドにはブラックミュージックのヘヴィさを残していて、絶妙なところを狙いました。「どこのラインをどこまで攻めたら今までにないバランスを取れるんだろう」とずっと考えてきたので。

──この4人でやってるからこそ実現できるものもあるんでしょうね。何かのジャンルやシーンに寄っちゃったら面白くないですし。

常田 そうなんですよね。日本のリスナーに音楽を届けてるのに、洋楽っぽいとか言われてもしょうがないと思ってるので。Oasisの音楽も言葉が届いたからイギリスでアンセム化したんだろうし、日本での俺たちなりのやり方があると考えています。

──批評的な目線も持ちつつ、自分たちの音楽を作ってるんでしょうか?

常田 そうですね、客観的にやってると思います。

勢喜 でもほかのバンドをディスることはないですよ(笑)。ただの好き嫌いだと思うので。

常田 そうだね。嫌いな音楽でもすごいものはあるし、って俯瞰してます。

エモさをすごく大事にしてる

──2曲目の「McDonald Romance」には、「このサウンドでこういう歌詞を歌うんだ?」という面白さがありました。例えばこの曲を歌詞に合わせてフォーキーに歌っちゃったらみじめな世界観になると思うんですけど、そうはなってなくて。

常田 歌詞はフォークソングですよね。井上陽水さんとかの詞の世界観が好きなんです。その時代の人たちの強さと言うか、色気が欲しいなと思っていて。

新井 サウンドに関してはピアノが今っぽくて、トラックはヒップホップで。でも歌詞は日本語でメロディには歌謡感があって、ミックス感をうまく出せたかなと。

常田 独特なバランスですね。

──そういうバランス感覚に細かくこだわるんですね。過去音源をミックスし直すこともしてますし。

常田 細かくこだわりますね。でも、荒くあってほしいところもあって。楽器に一番合った音にしたいと言うか。ギターの音は荒くていいし、その楽器が一番カッコいいと思える音であればいい。バイオリンやチェロはピッチがおかしいと気になるけど、俺みたいな声だったらピッチは大して気にならないし。

井口 それはグッとくるポイントを押さえる、という意味でもあるよね。

常田 そう。エモさはすごく大事にしてる。

井口 歌も音程が多少ずれていても、ニュアンスが気持ちよかったらそのテイクを採用するみたいなやり方だしね。

常田 ある部分では丁寧だけど、ある部分では雑っていう。

おばあちゃんや女子高生の声を出した

──3曲目の「あなたは蜃気楼」は、掛け合いのようなメロディがユニークですよね。

常田 この曲は人気ありますね。各楽器の音もキャッチーだし。

新井 この曲だけ大希の指定のベースラインを弾いていて。ギターとユニゾンになっていて、メインリフを軸に構築されてるんです。アルバムの中ではいい感じで浮いてますね。

勢喜 昔から僕らを知ってくれてる人には意外なサウンドのようですね。

──4曲目の「Vinyl」には30通りのコーラスを入れたそうですが。

井口 はい。パーティ感を出したいという話になって、だったらワイワイいろんな声が入ってるほうがいいだろうと。井上陽水ふうとかエルモふうの声から、おばあちゃんや女子高生っぽいものまで、普段出さないような声を出しました。

──なかなかハードなディレクションですよね。

常田 そうかな(笑)。けっこう平和にやりましたよ。

井口 うん。楽しみながらレコーディングしました。

勢喜 King Gnuのコーラス録りは面白いよね。

常田 サトルが器用なのもあって、ほかの曲でもいろんな声を賑やかしとして入れました。「じゃあ、ここはクッキーモンスターで」とか。きれいすぎると気持ち悪いし。

井口 あと、ふざけるのが好きなので(笑)。

King Gnu「Tokyo Rendez-Vous」
2017年10月25発売 / PERIMETRON
King Gnu「Tokyo Rendez-Vous」

[CD]
1800円 / UXCL-128

Amazon.co.jp

収録曲
  1. Tokyo Rendez-Vous
  2. McDonald Romance
  3. あなたは蜃気楼
  4. Vinyl
  5. 破裂
  6. ロウラヴ
  7. NIGHT POOL
  8. サマーレイン・ダイバー
King Gnu 1st ONE-MAN LIVE「Tokyo Rendez-Vous」

2018年1月28日(日)東京都 WWW

King Gnu(キングヌー)
King Gnu
2015年に結成された、東京藝術大学出身のクリエイター・常田大希(Vo, G)が率いるミクスチャーバンド。常田、勢喜遊(Dr, Sampler)、新井和輝(B)、井口理(Vo, Key)の4人体制になったのち、2017年5月にバンド名をSrv.VinciからKing Gnuに改名した。同年10月に1stアルバム「Tokyo Rendez-Vous」をリリース。2018年1月28日には初のワンマンライブ「Tokyo Rendez-Vous」を開催する。