音楽ナタリー PowerPush - 映画「日々ロック」

スクリーンからはみ出すロック愛 劇中バンド直撃インタビュー

主演・野村周平インタビュー

峯田さん狂ってるから(笑)

──野村さんは、普段から音楽聴かれますか?

いや、全然聴かないんですよね。楽器も弾かないし。だからなんで僕が「日々ロック」やるんだろうなって不思議です(笑)。オーディションだったんですけど。

野村周平

──オーディションの話が来たときはどう思いました?

本当に俺でいいのかなってずっと思ってたんです。ギター弾ける役者はいっぱいいるし、ロック好きですっていう役者もいっぱいいるから。でも(話が)来たってことは、俺に何かを求めてくれてるってことだから俺は死ぬ気でやるよっていう感じでしたね。うれしかったです。そこからは必死に練習しました。

──日々沼拓郎を演じるにあたって参考にしたアーティストはいますか?

銀杏BOYZの峯田(和伸)さんですね。

──なぜ峯田さん?

やるって決まってから友達に「銀杏BOYZいいよ」って言われて。で、YouTubeとか観たら、ツバだらだらで歌ってて「この人だ!」と。真似はしなかったですけど、参考にはしました。

──銀杏BOYZの音楽はどうでした?

直接的で面白かった。社会的メッセージが強い部分とか好きですね。あとは歌ってるとき峯田さん狂ってるから、なんかもう(笑)。ほかにも「日々ロック」やってからいろんなロックバンド観ることが多くなって。黒猫チェルシーもそうですし、The SALOVERSとか、爆弾ジョニーとか。聴いたことないジャンルに足を踏み入れたからこれもいいなって思って。若い子が抗っているっていうか、音楽で自分の気持ちをものすごく出して、アホみたいなことやったりアホみたいな歌詞書いたりとか。

──共演したバンドの音楽、聴いてるんですね。

聴きますね。岡本(啓佑)くん、しゃべってるとあんな感じだけど、やっぱりドラム叩いてるとめちゃくちゃカッコいいですからね。ああいうところ見ると、スゲーなーと思うし。The SALOVERSはライブも観に行ったりするんですけど、カッコいいもんなー。

「この曲、マンガのイメージと違うな」がない

──野村さん自身は日々沼拓郎に共感できる部分ってありますか?

音楽で人を変えたいとか、ロックで気持ちを伝えるっていう、その熱い気持ちかな。僕は役者やってるから、映画で伝えたいなとか、役として伝えたいなって思う部分は近いなと思いました。さすがにここまでは熱くなれないですけど(笑)。

──映画の中で好きな曲を教えてください。

野村周平

「スーパースター」が好きですね。あれって誰にでも当てはまることが歌詞に書いてあって、さらに僕は仕事が仕事だから「スーパースターになりたくて」って言ってる気持ちもすごくよくわかるし。葛藤がすごく表に出てる歌詞だから、すごく好きですね。というか、自分で歌ってる歌だけじゃなくて楽曲が全部本当に素晴らしいと思って。実写化すると、「この曲、マンガのイメージと違うな」って思うことあったりするじゃないですか。この映画の曲はそういうイメージを超えてくるくらいいい曲だと思います。

──実際歌ってみてどうでした?

いやー、本当に歌手ってすごいなって思いました。僕は絶対に1回で喉枯れちゃうんですよ。あとギター弾きながら歌うってこんなに難しいんだ、とか。やっぱり役者は歌手にはなれねーなと思っちゃいましたね。

──ギターも練習したんですよね?

そうです。4カ月くらいしかできなかったから、ちょっと心配だったんですけどね(笑)。

──映画終わったあとも歌ったり、ギター弾いたりしてます?

いや……。あのギターもらえるもんだと思ったらもらえなかったんですよ。クランクアップしたときとかに「じゃあプレゼントです」とか言ってもらえるかと思ったんだけどなー(笑)。

アーティストに負けるわけにいかない

──好きなシーンはどこですか?

演奏してるシーンはどこでも好きなんです。「スーパースター」歌ってるときも好きだし、「いっぱい」も「脳みそ」とかも。

野村周平

──なぜですか?

観ててもカッコいんですよね、ザ・ロックンロールブラザーズのみんなが。あと、楽しかったんですよ。気持ちも入るし。3人で歌ってるからいいですね。

──映画には黒猫チェルシーの岡本さんやThe SALOVERSなどアーティストが演技にも挑戦しています。共演してみていかがでした?

アーティストの人って演技もうまいんだなと。岡本くんもうまいし、(The SALOVERSの)古舘(佑太郎)くんも初めてっていうのが信じられないような芝居するから。「ああアーティストは役者になれんだなあ、セコいなー、いいなー」と(笑)。だから負けるわけにいかないなと思いました。

──実際に完成した映画を観てどうでしたか?

こんなにも自信を持って世の中に出せる映画っていうのは初めてだなあと思って。すごい熱い映画になってるんですよ、泣けるし、ちゃんと笑えるし。映画の中でみんな生きてる感じがする。この映画は売れてほしいなあ!(笑)ぜひ観に来てください!

映画「日々ロック」11月22日(土)より全国ロードショー
映画「日々ロック」

「彼女と出会ってから僕の世界は変わった!!」

金なし風呂なし彼女なし。ヘタレロッカー・日々沼拓郎が友人とともに結成したバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”。ある晩、ライブをしていた拓郎達の前に1人の女が台風のごとく現れた! 女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。売れないがロックを愛する心は誰にも負けない“自由”な拓郎と、トップアイドルとして活躍しながらも本当は自分のやりたい音楽が出来ずに苦しんでいる咲。二人はお互いに自分にないものを持っていた。そしてある日、咲は拓郎にこう頼む。「お願い、曲書いて。私にはもう時間がないの。」

果たして史上最強のロックバカと超凶暴なトップアイドルの運命は……!?

監督:入江悠

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中。コミックス1~5巻、「日々ロック BOOTLEG」発売中)

脚本:入江悠 / 吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰)

音楽プロデューサー:いしわたり淳治

キャスト:野村周平 / 二階堂ふみ / 前野朋哉 / 落合モトキ / 岡本啓佑 / 古館佑太朗 / 喜多陽子 / 毬谷友子 / 蛭子能収 / 竹中直人 / and more

劇中曲提供:黒猫チェルシー / The SALOVERS / 滝善充(9mm Parabellum Bullet) / DECO*27 / 爆弾ジョニー / 細身のシャイボーイ / ミサルカ / 忘れらんねえよ

制作・配給:松竹

映画「日々ロック」主題歌 爆弾ジョニー ニューシングル「終わりなき午後の冒険者」 / 2014年10月22日発売 / Ki/oon Music
初回限定盤 [CD+DVD] 1620円 / KSCL-2486~7
通常盤 [CD] 1258円 / KSCL-2488
野村周平(ノムラシュウヘイ)

1993年11月14日生まれ、兵庫県出身の俳優。2009年に開催された「アミューズ全国オーディション2009」でグランプリを受賞後、2010年にドラマ「新撰組PEACE MAKER」でデビューを果たす。以降、NHK「梅ちゃん先生」や映画「江ノ島プリズム」、舞台「小野寺の弟・小野寺の姉」、フジテレビ「若者たち2014」など話題作に続々出演。2014年には映画「日々ロック」で主演を務めた。2015年初夏に公開を控えた映画「愛を積むひと」にも出演している。