V.A.「春色の君はかわいい / 『-5』 ~Tribute to Yasumasa Hashiguchi~」 PR

故・橋口靖正トリビュートアルバム特集 岡田梨沙、磯貝サイモン、松本素生、秋野温、前田恭介、桃野陽介|愛すべき“素通りできない音楽家”

立体的なメロディが魅力の橋口曲

──「HGYM感謝祭」ではさまざまな方が橋口さんの楽曲を歌唱し、その音源が今回のCDにも収録されています。

磯貝 秋野さんの「春色の君はかわいい」はすごくカッコよかった!

秋野 今までの話の流れを踏まえると、橋口くんにとっての最重要曲なんで、「俺、よく歌ったなー」って思います(笑)。橋口くんの曲はどれもそうだけど、これもまた歌い手としては非常に気持ちのいい曲ですね。歌詞も含めて展開がすごくドラマチックだし、いろんな仕掛けが満載。それを楽しみながらのびのびと歌わせてもらいました。

磯貝 僕は「ウォーリー」を歌わせてもらったんですけど、この曲はかなり人気で。ほかにも歌いたい人がたくさんいたという。

岡田 誰がどの曲を歌うかは、みんなから申告をいただいたうえで私が割り振ったんです。曲によっては申告がかぶるんで(笑)。

磯貝 僕はどうしてもこれを歌いたかったんで折れなかったですけどね(笑)。「春色の君はかわいい」と同様に、これもザ・ピアノ曲。自分のレパートリーとして今後も普通に歌っていきたいと思うくらいハマった気がしてます。自分で歌ってみることで橋口さんの歌詞により感情移入できるようにもなったし、新たな気付きもたくさんありましたね。

左から前田恭介(androp)、磯貝サイモン、松本素生(GOING UNDER GROUND)、岡田梨沙、桃野陽介(モノブライト)、秋野温(鶴)。

──桃野さんは「朝の光」を歌われていますね。

桃野 「-5」の最後の曲。僕はバンドでギターロックをやってきたから、ピアノの曲を歌いたかったんですよ。橋口さんの曲はメロディがいいから、すごく覚えやすかったです。

松本 わかるわー。ホントそうなんだよね。

桃野 決して簡単な歌ではないんだけど、すごくわかりやすいからすぐ体に入って覚えられるっていう。そういう意味では構えることなく自然に歌えたような気がします。

松本 ぐっちゃんの曲はメロディがしっかりしてるから、例えアカペラで歌ったとしてもバックの音が聴こえてくるような感覚があるんだよね。「ここにはこういう音が鳴ってるんだろうな」みたいな。それくらいメロディに起伏がある。

磯貝 立体的なメロディだよね。そこが魅力だと思う。

血管ちぎれそうになってる歌声がそのままCDに

──松本さんは「シンクロナイズドテレパシー」の歌唱を担当しています。

岡田 実はこの曲が一番人気でした。

秋野 俺も最初「シンクロ」って申告したら、りっちゃん(岡田)に「素生さんが歌う予定です」て言われて。

桃野 僕も最初「シンクロ」希望でしたからね。

秋野 でも当日、歌ってる素生さんを見て「『シンクロ』にしなくてよかったな」って思った。それくらい大変そうだったんで(笑)。

前田 キーが高いからね。

松本 血管がちぎれそうでした(笑)。僕、基本的に声がそんなに高くないですからね。だからかなり大変でしたけど、気持ちで歌わせてもらいましたよ。

磯貝 血管ちぎれそうになってる歌声がそのままCDになってるんで、そこはぜひ聴いてほしいところっすね(笑)。

──YouTubeでは「シンクロナイズドテレパシー」のミュージックビデオが公開されました。

岡田 以前、「シャナナナ」という曲のMVを作ったときの監督や撮影チームが今回も関わってくださって。「次は『シンクロ』を撮ろうね」って橋口くんと約束してたそうなんですよ。ストーリーはすでに橋口くんが考えてくれていたから、それを元に作っていただきましたね。素生さんも出てくれてます。

松本 いやいや俺なんかはもうふざけてただけっす、あれは(笑)。

岡田 ほんとは橋口くんがやる予定だった主役は、代わりにはまちゅん(濱口尚)がやってくれてます。

前田 橋口くんと親友だったからね。MVもすごくいい作品になったと思います。

V.A.「春色の君はかわいい / 『-5』 ~Tribute to Yasumasa Hashiguchi~」
2017年12月6日発売 / LOVEMART
V.A.「春色の君はかわいい / 『-5』 ~Tribute to Yasumasa Hashiguchi~」

[2CD]
2700円 / LMCL-002

Amazon.co.jp

DISC 1 春色の君はかわいい」
  1. 春色の君はかわいい / 橋口靖正
    <参加アーティスト>
    岡田梨沙(Dr) / 磯貝サイモン(Piano) / 中澤寛規(G / GOING UNDER GROUND) / カトウタロウ(G) / 前田恭介(B / androp) / 朝倉真司(Tambourine, Toys) / 金子由衣(Violin) / 島内晶子(Violin) / 島田光理(Viola) / 小谷和秀(Cello) / 阿部健太(Tp)
  2. HGYM / 橋口靖正
    <参加アーティスト>
    岡田梨沙(Dr) / 磯貝サイモン(Piano, Synthesizer, Organ) / 中澤寛規(G / GOING UNDER GROUND) / 平田崇(G) / 根岸孝旨(B)

~2017.4.21 LIVE 「HGYM感謝祭 東京編~Hほんとに Gぐっちゃん Yやせたら Mもてたのに」~
演奏:HGYM感謝祭オールスターズ[磯貝サイモン / 岡田梨沙 / 中澤寛規(GOING UNDER GROUND) / 平田崇 / 神田雄一朗(鶴)]

  1. シャナナナ / 中澤寛規(GOING UNDER GROUND)
  2. ウォーリー / 磯貝サイモン
  3. 春色の君はかわいい / 秋野温(鶴)
  4. もしもWikipediaにのれたなら / 濱口尚
  5. UNKO / WILDTHINGS(タカタタイスケ[PLECTRUM]、石田匠)
  6. 朝の光 / 桃野陽介(モノブライト)
  7. シンクロナイズドテレパシー / 松本素生(GOING UNDER GROUND)

~橋口靖正デモver.~

  1. 春色の君はかわいい
  2. HGYM
  3. UNKO(WILDTHINGS)
  4. もしもWikipediaにのれたなら
DISC 2「-5」
  1. HGYM Theme
  2. シャナナナ
  3. (-5)
  4. Your Father
  5. Gifts
  6. シンクロナイズドテレパシー
  7. ウォーリー
  8. Top of the world
  9. メグ
  10. Kind of crossover
  11. 朝の光
「春色の君はかわいい / 『-5』 ~Tribute to Yasumasa Hashiguchi~」発売記念イベント

2017年12月8日(金)東京都 HMV record shop コピス吉祥寺
START 19:30

橋口靖正(ハシグチヤスマサ)
橋口靖正
1980年3月14日生まれのシンガーソングライター。さまざまな楽器を使いこなすマルチプレイヤーで、宅録を中心とした制作活動を行う。自身の活動以外にもアレンジャーやプロデューサーとしてGOING UNDER GROUND、モノブライト、Suck a Stew Dry、寺岡呼人、磯貝サイモン、鶴、椎名慶治、あいみょんら多くのアーティストの作品に参加した。このほかギタリスト、キーボーディストとしてサポートミュージシャンも務める。これまで4枚のシングル作品をリリースし、2016年6月には最初で最後のアルバム作品「-5」を発表。同年12月8日、虚血性心疾患のため急逝した。
HGYMモテ計画(エイチジーワイエムモテケイカク)
岡田梨沙(ex. D.W.ニコルズ)、磯貝サイモン、中澤寛規(GOING UNDER GROUND)、平田崇、濱口尚からなるチーム。2016年12月8日に虚血性心疾患のため急逝した橋口靖正が生前に残した素晴らしい音楽を、よりたくさんの人に広め、伝えることを目的に発足した。2017年12月には2枚組のトリビュートアルバム「春色の君はかわいい / 『-5』 ~Tribute to Yasumasa Hashiguchi~」をリリースした。