GLAY「SUMMERDELICS」 PR

ニューアルバム「SUMMERDELICS」でJIROが手がけた楽曲は、「SUMMERDELICS」「Scoop」「lifetime」の3曲。オルタナテイストのシンプルなロックンロールは、現在のGLAYの音楽に刺激的なアクセントを与えている。特に「lifetime」は歌詞でファンに対する真っ直ぐな思いがつづられており、このアルバムの1つの軸になっていると言っていいだろう。

今回のインタビューでは、「ストレートなロックンロールはGLAYの中では自分しかできない。今回のアルバムでそのことをより強く感じた」と言うJIROに、ソングライターとしての意識の変化、バンド内での立ち位置、ファンに対する思いなどについて語ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 上山陽介

ストレートなロックンロールは僕にしかできない

──ニューアルバム「SUMMERDELICS」が完成しました。メンバー4人の個性が存分に発揮された作品だと思いますが、JIROさんはこのアルバムをどう捉えていますか?

JIRO(B)

まず、TAKUROとプロデューサーの亀田(誠治)さんの間で「『G4』シリーズの拡大版のようなアルバムが作れたら面白いんじゃないか」という話し合いが行われたはずなんですよね。なので、メンバーそれぞれの楽曲がバランスよく採用されたんじゃないかなと。HISASHI、TERUの曲はシングルになったりタイアップが付いたりしてるから、あとは僕の曲をどれくらいの配分で入れるか?ということだったんだと思います。ストレートなロックンロールはGLAYの中で僕にしかできないことだし、今回のアルバムが完成して、そのことをさらに強く感じたかな。亀田さんの存在の大きさも改めて実感しましたね。

──亀田さんのプロデュースワークということですか?

そうです。佐久間(正英)さんにプロデュースしてもらっていた時期は、楽曲の作り方、演奏を含めて「プロとして音楽をやるというのは、こういうことだよ」と教えてもらっていて。亀田さんには、GLAYがすでに確立している状態で入ってもらっているので、「GLAYってこういうバンドだよね。でも、自分だったらこう変えたいな」ということを客観的に言ってくれるんですよ。そのうえでメンバーそれぞれの得意なところをさらに磨いてくれていると言うか。亀田さんと一緒にやるようになって、アルバムの選曲の方法も変わりましたからね。佐久間さんの頃はメンバーや、当時の事務所のスタッフを交えて選考会議をしていたんです。僕はTAKUROに曲をプレゼンして、TAKUROが歌詞を書きやすい曲を採用する感じだったんだけど、今はメンバー全員の曲をすべて亀田さんに渡していて。その中からアルバムに合う曲をセレクトしてくれてるんですよ。

──なるほど。JIROさんはGLAYのほかに、THE PREDATORSでも楽曲を書いていますが、そのバランスはどう取ってるんですか?

以前は完全に分けて考えていたんですけど、それがどんどんなくなってますね。「lifetime」みたいな曲調をTHE PREDATORSでやることはないでしょうけど、「Scoop」「SUMMERDELICS」はどっちのバンドに持っていっても成立すると思うんです。「こっちでボツになったから、あっちに持って行こう」ということもあるし、ようやくエコな曲の作り方ができるようになりましたね。

──オルタナテイストのロックンロールをGLAYで表現する方法が見つかったのかも。

そうかもしれないですね。たとえば「Scoop」はAメロとサビが同じコード進行なんですけど、GLAYのメンバーもそういう曲を楽しんでくれるようになったし、僕自身もシンプルな展開の中にフックを作れるようになってきて。そういう変化はあると思います。

やらなくちゃいけないことも明確になってくる

──アルバムのタイトル曲「SUMMERDELICS」の作詞はTAKUROさんが手がけていて。歌詞についてはどんなやり取りがあるんですか?

歌詞について話すことはほぼないんですよ、昔から。「SHUTTER SPEEDSのテーマ」のときはTAKUROに「タイトルの候補はある?」って聞かれたから、「SHUTTER SPEEDSという架空のチームのテーマソングみたいな感じにしたい」って言ったんですけど、それ以外はまったくないかな。今回もまさか自分の曲がアルバムのタイトル曲になるとは思ってなかったですね。

──「lifetime」は歌詞もJIROさんが手がけていますね。

2014年にリリースされた「BLEEZE~G4・III~」に入ってる「YOU」という曲でひさびさに歌詞を書いたんですけど、それはデモ音源の仮歌詞を亀田さんが気に入ってくれたのがきっかけだったんです。「lifetime」も同じで、亀田さんに「この歌詞の世界観、好きだな」と言ってもらったことで「書いてみよう」と思って。歌詞に関しては、TERUに歌ってもらってそれをみんなに聴いてもらうっていうのが、まだちょっと恥ずかしいんですよ(笑)。でも、「lifetime」の歌詞はテーマもハッキリしていたし、自分で書いたほうがいいだろうなって。これまでのGLAYの曲は深く考えさせられる歌詞が多かったし、言葉のチョイスもすごく考えられているんですけど、この曲に関してはできるだけシンプルにしたかったんですよね。

──ファンの方々に向けた率直な気持ちがつづられた歌詞ですよね。

JIRO(B)

うん、まさにそのことを書いたので。最近「HIGHCOMMUNICATIONS "Supernova"」ツアーシリーズを3本立て続けにやって、普段なかなか行けない街にも行ったんですけど、大都市のコンサートに比べると会場の空気感だったり、ステージから見えるみんなの顔が違うんですよね。おじいちゃん、おばあちゃんもいるし、子供連れの人も多くて、「ここで生活しながらGLAYを応援してくれてたんだな」ということがすごく伝わってくると言うか。全国追いかけてくれる熱狂的なファンもありがたいけど、地元で暮らしながらGLAYの音楽を聴いて、会えるときをずっと待っててくれる人たちもたくさんいるんですよね。「lifetime」は「また必ず会いに来るから、それまでGLAYの音楽を聴きながら待っていてほしい」という気持ちで作った曲だし、だからこそ、難しい言葉は必要ないなって。当たり前ですけど、ライブに行くのって大変なことですから。大事な時間とお金を使ってGLAYに会いに来てくれるわけだから、その分恩返ししないと。そう考えると、やらなくちゃいけないことも明確になってくるんです。

──地方を含めて、できるだけ細かくツアーを回りたいと?

はい。細かくツアーを回ることに対して「かったりいな」っていうメンバーもいないし(笑)。大きい会場を回るほうが体力的にも精神的にもラクなんですよ。でも、僕たちは函館の田舎出身だし、バンドが自分たちの街に来てくれることのうれしさを知ってますからね。10代の頃なんて「函館まで会いに来てくれたんだ」と思うだけで、120%好きになってましたから(笑)。僕らはライブをたくさんやってきたバンドだし、年齢を重ねるごとに楽曲を披露する場があることの幸せを感じるようになってますね。

GLAY「SUMMERDELICS」特集トップへ
TERU
TAKURO
HISASHI
JIRO
Message to GLAY
GLAY「SUMMERDELICS」
2017年7月12日発売 / LSG
GLAY「SUMMERDELICS」CD+DVD2枚組

CD+2DVD盤
5400円 / PCCN-00027

Amazon.co.jp

GLAY「SUMMERDELICS」CD

CD盤
3240円 / PCCN-00028

Amazon.co.jp

GLAY「SUMMERDELICS」G-DIRECT限定盤

G-DIRECT限定盤
[5CD+3Blu-ray+グッズ]
24800円 / LSGC-0002

購入はこちら

CD収録曲(共通仕様)
  1. シン・ゾンビ [作詞・作曲:HISASHI]
  2. 微熱Ⓐgirlサマー [作詞・作曲:HISASHI]
  3. XYZ [作詞・作曲:TAKURO]
  4. 超音速デスティニー [作詞・作曲:HISASHI]
  5. ロングラン [作詞・作曲:TAKURO]
  6. the other end of the globe [作詞:TERU、TAKURO / 作曲:TERU]
  7. デストピア [作詞・作曲:HISASHI]
  8. HEROES [作詞・作曲:TERU]
  9. SUMMERDELICS [作詞:TAKURO / 作曲:JIRO]
  10. 空が青空であるために [作詞・作曲:TERU]
  11. Scoop [作詞:TAKURO / 作曲:JIRO]
  12. 聖者のいない町 [作詞・作曲:TAKURO]
  13. Supernova Express 2017 [作詞・作曲:TAKURO]
  14. lifetime [作詞・作曲:JIRO]
Single Track Only Live @函館アリーナ [DVD(CD+2DVD盤) / Blu-ray(G-DIRECT限定盤)]
  1. My Private "Jealousy"
  2. 天使のわけまえ
  3. 疾走れ!ミライ
  4. とまどい
  5. SOUL LOVE
  6. a Boy~ずっと忘れない~
  7. Way of Difference
  8. グロリアス
  9. 真夏の扉
  10. Bible
  11. ずっと2人で…
  12. HOWEVER
  13. いつか
  14. 微熱Ⓐgirlサマー
  15. THOUSAND DREAMS
  16. 百花繚乱
  17. 誘惑
  18. HEROES
  19. 紅と黒のMATADORA
  20. サバイバル
  21. 彼女の“Modern…”
  22. BLEEZE
  23. MUSIC LIFE
VIDEO GLAY 7 [Blu-ray(G-DIRECT限定盤)]
  1. SCREAM
  2. ANSWER
  3. ASHES-1969-
  4. SORRY LOVE
  5. VERB
  6. 紅と黒のMATADORA
  7. I LOVE YOUをさがしてる
  8. SAY YOUR DREAM
  9. 春までは
  10. I am xxx
  11. LET ME BE Live Ver. 2009-2010 at makuhari messe
  12. 誘惑
  13. Apologize
  14. Precious
  15. Satellite of love
  16. everKrack
  17. My private "Jealousy"
  18. Time for Christmas
  19. 君にあえたら
  20. Bible
  21. JUSTICE[from]GUILTY
  22. 運命論
  23. Eternally
  24. DARK RIVER
  25. DIAMOND SKIN
  26. BLEEZE
  27. 百花繚乱
  28. 疾走れ!ミライ
  29. さくらびと
  30. 外灘SAPPHIRE ~スタジオセッションVer~
  31. YOU ~スタジオセッションVer~
  32. 黒く塗れ! ~スタジオセッションVer~
  33. BLEEZE ~スタジオセッションVer~
  34. HEROES
  35. 微熱Ⓐgirlサマー
  36. つづれ織り~so far and yet so close~
  37. 彼女はゾンビ
  38. Scoop
  39. Supernova Express 2016
  40. 空が青空であるために
  41. デストピア/超音速デスティニー
  42. the other end of the globe
SUMMERDELICSハイレゾ音源 / GLAY Documentary Film Part1 ~俺(TERU)にVENEZIAでライブをさせてくれ編~ / GLAY Documentary Film Part2 ~GLAY史上最大の作戦編~[Blu-ray(G-DIRECT限定盤)]
Live CD Single Track Only Live @函館アリーナ [CD(G-DIRECT限定盤)]
  1. My Private "Jealousy"
  2. 天使のわけまえ
  3. 疾走れ!ミライ
  4. とまどい
  5. SOUL LOVE
  6. a Boy~ずっと忘れない~
  7. Way of Difference
  8. グロリアス
  9. 真夏の扉
  10. ずっと2人で…
  11. HOWEVER
  12. いつか
  13. 微熱Ⓐgirlサマー
  14. THOUSAND DREAMS
  15. 誘惑
  16. HEROES
HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Supernova 16.3.4 ロームシアター京都 [CD(G-DIRECT限定盤)]
  1. SE
  2. Scoop
  3. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
  4. 汚れなきSEASON
  5. laotour ~震える拳が掴むもの~
  6. 冬の遊歩道
  7. 100万回のKISS
  8. More than Love
  9. MERMAID
  10. Believe in fate
  11. SORRY LOVE
  12. カナリヤ
  13. 航海
  14. 空が青空であるために
  15. 百花繚乱
  16. BEAUTIFUL DREAMER
  17. Supernova Express 2016
HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Supernova reprise 16.11.10 下北文化会館 [CD (G-DIRECT限定盤)]
  1. SE
  2. MIRROR
  3. デストピア
  4. Scoop
  5. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
  6. Freeze My Love
  7. 誘惑
  8. 生きてく強さ
  9. THINK ABOUT MY DAUGHTER
  10. BELOVED
  11. 都忘れ
  12. 彼女はゾンビ
  13. 微熱Ⓐgirlサマー
  14. 時計
  15. BLEEZE
  16. 彼女の“Modern…”
  17. HIGHCOMMUNICATIONS
HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Never Ending Supernova 17.5.4 足利市民会館 [CD(G-DIRECT限定盤)]
  1. SE
  2. the other end of the globe
  3. THE FRUSTRATED
  4. DIAMOND SKIN
  5. ASHES -1969-
  6. BROTHEL CREEPERS
  7. BE WITH YOU
  8. May Fair
  9. SOUL LOVE
  10. MERMAID
  11. FRIEDCHICKEN & BEER
  12. WORLD’S END
  13. 時計
  14. XYZ
  15. CRAZY DANCE
  16. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  17. HEROES
GLAY ARENA TOUR 2017 "SUMMERDELICS"
  • 2017年9月23日(土・祝)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
  • 2017年9月24日(日)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
  • 2017年9月30日(土)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年10月1日(日)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年10月7日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
  • 2017年10月8日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
  • 2017年10月21日(土)広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2017年10月22日(日)広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2017年10月25日(水)東京都 日本武道館
  • 2017年10月27日(金)東京都 日本武道館
  • 2017年10月28日(土)東京都 日本武道館
  • 2017年11月3日(金・祝)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
  • 2017年11月4日(土)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
  • 2017年11月11日(土)神奈川県 横浜アリーナ
  • 2017年11月12日(日)神奈川県 横浜アリーナ
  • 2017年11月15日(水)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年11月16日(木)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年11月25日(土)福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2017年11月26日(日)福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2017年12月9日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2017年12月10日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2017年12月16日(土)愛知県 日本ガイシホール
  • 2017年12月17日(日)愛知県 日本ガイシホール
2018年3月に台湾・台北アリーナライブ開催!
GLAY(グレイ)
GLAY
北海道函館市出身の4人組ロックバンド。TAKURO(G)とTERU(Vo)を中心に1988年から活動を開始し、1989年にHISASHI(G)が、1992年にJIRO(B)が加入して現在の体制となった。1994年にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。1996年にはシングル「グロリアス」「BELOVED」が立て続けにヒットし、1997年に「HOWEVER」がミリオンセールスを記録したことでトップバンドの仲間入りを果たす。1999年7月には千葉・幕張メッセ駐車場特設会場にて20万人を動員するライブ「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を開催し、有料の単独ライブとしては世界最多観客動員を記録する。2000年に入ってからも数多くのヒット曲やヒットアルバムを生み出し、2010年4月には自主レーベル「loversoul music & associates」(現:LSG)を設立。メジャーデビュー20周年となる2014年は、9月に宮城・ひとめぼれスタジアム宮城にて単独ライブ「GLAY EXPO 2014 TOHOKU」を行い、11月にオリジナルアルバム「MUSIC LIFE」をリリースした。2015年には5月に10年ぶりとなる東京・東京ドーム公演を2日間にわたって開催。2016年1月にシングル「G4・IV」を発表し、同月より全国ツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 "Supernova"」を開催した。2017年7月に2年半ぶりとなるニューアルバム「SUMMERDELICS」をリリース。9月末からは「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」と題した全23公演、23万人を動員する大型アリーナツアーを開催する。2018年3月には台湾・台北アリーナ公演の開催も決定している。