DIR EN GREY「人間を被る」 PR

DIR EN GREY|京と薫が語る未来への思惑

リアルタイムの自分をそのまま出していくだけ

──京さんは20周年の節目を迎えて、以後の自分のあり方について考えるところはありましたか?

 あんま考えてないですね。過去の作品を聴いて思い返したり気付くこともありますけど、それも自然に消化すると言うか。リアルタイムの自分を素直に出してるだけなんで。こういう自分になりたいとか、こういう自分を表現したいとか、あらかじめ目指す場所があるわけじゃない。このまま行くだけですね。

──曲を作る前も、これといった方向性とかビジョンみたいなものも決め込まないで。

 あんま決め込まないですね、うん。なんとなくの、「こんな感じかなあ」「こんな雰囲気がいいかなあ」ぐらいはありますけど、あんまり言わないし……。

──「人間を被る」の場合はどうだったんですか?

薫(G)

 曲の発端になったリフが別の曲に付いてたんですよ。でもその曲にはなんかハマってないと思ったんで、リフだけ持ってきて作り直してみた。その時点で、シングルの曲を作るって中での話やったんで、これがシングルに近いかなって雰囲気はありました。

──1曲で今の自分たちを表現しやすい曲ってことですね。

 改めて話し合ったわけじゃないけど。

 感覚的な。

──歌詞はトラックが完成した時点で考えるわけですか?

 いや、曲が来た時点でメロディと歌詞はほぼ同時で書いてきます。

──今回はどんなことを考えながら書いたんですか?

 そのときの自分が思ってることを書いてるだけですね。「こういうのを書きたい」とか、あんまない。歌詞のストックとかしないんで、リアルタイムの自分をそのまま出していくだけです。

──タイトルといい歌詞の内容といい、人間の本質にえぐり込んでいくような、内面的なんだけど攻撃的な作品ですね。これは京さんのどういうモードを反映しているんでしょうか?

 なんか……「正しい」と言われてるものが本当に正しいのかどうかわからないことがけっこうあったり……みんなが正しいって言ってるから「正しい」とされているだけだったり。そこに自分の意思があるのかどうかもよくわかんなかったり。数が多い方が本当に正義と言えるのか。そういうことを常に感じてるんですよね。

──何か具体的なきっかけなどは?

 いや、具体的にどうとかはないんですけど、日々生きててそう感じることが多いんで。

──そこにDIR EN GREYが置かれている状況とか、京さん個人が置かれている状況は何か関係してるんですか?

 いや別に……あんま考えないですけどね。

──世間で主流とされてるもの、メジャーとされてるものへの反発とか。

 ああ……昔はあったかもしれないけど、今はもうそれすらもどうでもいいって言うか。あんま気にしてても仕方がない。結局DIR EN GREYがやってることが“端のほう”なんで。わかりやすいポップなバンドでもないし、「幸せになってください」みたいな歌でもないんで。わかる人にはわかるし、わからん人にはわからんし。うん。反発する思いを書こうとも別に思わないですね。

──ご自分が端っこにいるという自覚があるんですか?

 まあ、自分が見たり聞いたりしてる範囲ですけど。あんま自分たちのようなバンドはいないと思うんで。

──そういう自覚を持つようになったのっていつ頃ですか?

 昔からです(笑)。

──じゃあ京さんが考える「真ん中を歩いている人」って、例えば誰ですか?

 わかんないけど(笑)。一般的に言うと……学校とかで歌っても大丈夫そうな(笑)。

──そういう人たちに対して「オレは違うな」というような……。

 いやそれもないっすね。その人たちはその人たちで、それが正しいと思ってやってるなら、それでいいじゃない、オレは違うけど、というだけのことです。

成功してるとはメンバー誰も思ってない

──めっちゃ基本的なことをお聞きしますけど……。

 はい。

──DIR EN GREYの表現は「傷」「痛み」「心の闇」といったものをテーマとしてずっと歌い続けてますね。なぜそうしたテーマにこだわり続けるんでしょうか?

 なぜなんですかねえ……単に好きなのか興味があるのか……一般的に言う楽しいものとかハッピーになれる音楽が好きな人間だったら、もっと人生楽しかったんだろうなって思うこともあるんですけど(笑)。もともとこういう人間なんで、初めから一般的な楽しいものに興味がないって言うか。コードも……メジャーなコード聴くだけで寒気がするんです(笑)。

──寒気! そこまで言いますか(笑)。

 けっこうダメなんですよね(笑)。

──ご自分の内面がそこに投影されている。

 だと思うんすけどねえ。よくわからないです。僕は僕、としか思ってないんで。

──昔から聴かれる音楽も、そういうのが多かった。

 そうですね、うん。アニメとか特撮を観てても、敵のほうが好きだったり。

──ほう。

 必ず最後にはやられてしまう敵のほうが。

──ああ、主人公に思い入れするんじゃなく。

 ねえ。なんで主人公は5人で、敵1人相手に戦うの、みたいな。

──(笑)。なるほど。ある種のマイノリティに対する共感のようなものがあるんでしょうか?

 なんですかねえ……ホント昔からなんで、なんでかとか考えないですけど。

──DIR EN GREYが何千何万というお客さんを目の前に演奏するようになって、世間的に言う「成功」を手にしたあとも、そうした心情は変わらなかった。

 成功してるとはメンバー誰も思ってないですよ、たぶん。

──そうですか?

 人によって幸せに思うことって違うじゃないですか。日本武道館でライブできれば幸せだハッピーだという人もいれば、ライブハウスでやっててもハッピーって人もいる。定義ってみんな違うからわかんないけど、今の自分らが海外でライブやったり武道館でライブできても、だからといって変わるものは何もないですね。オレは変わらない。何も。

──そもそも「成功したい」と考えてますか?

 ああ……成功が何かもわからない。自分らがやりたいと思ってることをちゃんと形にできて、ライブできることが、一番「成功」って言葉に近いのかな。

──それは今はできている。

 100%じゃないからまだバンドをやってると思うんですけど、できてると思いますね。

DIR EN GREY「人間を被る」
2018年4月25日発売 / FIREWALL DIV.
DIR EN GREY「人間を被る」完全生産限定盤 Blu-ray

完全生産限定盤 Blu-ray
[CD+Blu-ray] 5940円
SFCD-0222~3

Amazon.co.jp

DIR EN GREY「人間を被る」完全生産限定盤 DVD

完全生産限定盤 DVD
[CD+DVD] 4860円
SFCD-0224~5

Amazon.co.jp

DIR EN GREY「人間を被る」初回限定盤

初回限定盤
[CD+DVD] 1944円
SFCD-0226~7

Amazon.co.jp

DIR EN GREY「人間を被る」通常盤

通常盤
[CD] 1296円 / SFCD-0228

Amazon.co.jp

CD収録曲(全仕様)
  1. 人間を被る
  2. Ash
  3. 詩踏み [LIVE]
完全生産限定盤 DISC 2(Blu-ray / DVD)収録内容
  1. Chain repulsion TOUR14 PSYCHONNECT -mode of "GAUZE"?- 2014.08.30 新木場STUDIO COAST(追加公演)
  2. 禍夜想 TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR] 2016.07.01 新木場STUDIO COAST
  3. Phenomenon TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO] 2016.09.23 ホクト文化ホール
  4. Un deux TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬] 2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
  5. Revelation of mankind TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS] 2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
  6. Midwife
    TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of THE MARROW OF A BONE] 2017.04.18 Zepp Nagoya
  7. TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE] 2017.07.26 中野サンプラザ
  8. Sustain the untruth TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.] 2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only-(追加公演)

IN-STUDIO FOOTAGE

  • 人間を被る(Scenes From Recording)
初回限定盤 DISC 2(DVD)収録内容
  1. Un deux TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬] 2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
  2. Revelation of mankind TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS] 2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
  3. Sustain the untruth TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.] 2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only-(追加公演)

IN-STUDIO FOOTAGE

  • 人間を被る(Scenes From Recording)
DIR EN GREY「TOUR18 真世界」(※終了分は割愛)
  • 2018年4月25日(水)
    大阪府 なんばHatch
  • 2018年4月26日(木)
    大阪府 なんばHatch
  • 2018年4月28日(土)
    宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21
  • 2018年5月1日(火)
    愛知県 Zepp Nagoya
  • 2018年6月29日(金)
    東京都 新木場STUDIO COAST※追加公演。OFFICIAL FAN CLUB 「a knot」限定LIVE
  • 2018年6月30日(土)
    東京都 新木場STUDIO COAST※追加公演。29th SINGLE「人間を被る」発売記念LIVE
DIR EN GREY(ディルアングレイ)
京(Vo)、薫(G)、Die(G)、Toshiya(B)、Shinya(Dr)からなる5人組バンド。1997年に現メンバーがそろい「人間の弱さ、あさはかさ、エゴが原因で引き起こす現象により、人々が受けるさまざまな心の痛みを世に広める」という意志のもとに結成。ミクスチャー、ヘヴィロック的な要素をゴシック的な様式美の中で表現する世界観が評価され日本のみならず海外でもブレイク。2002年にアジアツアーを成功させたのを機に、アメリカ、ヨーロッパ各国にも進出し、熱狂的なファンを多数獲得する。2011年には約3年ぶりのアルバム「DUM SPIRO SPERO」をリリース。発売直後からヨーロッパや北米、中南米などで海外ツアーも行った。2014年3月には4年ぶりとなる日本武道館公演「DUM SPIRO SPERO」を行い、同年夏より過去のアルバムを再現するツアーシリーズを実施している。2014年12月には9枚目となるアルバムを発表し国内外を回るツアーを実施。結成20周年を迎えたことを記念して、2018年1月にはベストアルバム「VESTIGE OF SCRATCHES」を発表した。同年4月に1年9カ月ぶりとなるシングル「人間を被る」をリリースする。