CHAI「PINK」 PR

CHAI|コンプレックスを包んであげるよ

日本は音楽に対してすごい距離感がある

──今年に入ってからCHAIはアメリカで開催される世界最大のショーケースイベント「SXSW」に出演し、アメリカツアーも敢行しています。かねてからCHAIは「グラミー賞」を取ることも目標に掲げていますけど、こうした海外進出の意欲って、いつ頃から芽生えていたものなんですか?

マナ 最初から音楽をやるなら日本だけじゃなくて、海外で売れることを目指すのも普通だと思っていたよね?

カナ うん。逆に「なんでみんなは日本にとどまるんだろう?」って感覚のほうが強いかな。

ユウキ(B, Cho)

ユウキ 日本だけだと狭いよね。日本のバンドって、日本のバンドのコピーばっかりするし……同じところをぐるぐる回っている感じで、狭いなあって思う。せっかく地球にいるのにね。

マナ だからこそ、私たちはなるべく海外のアーティストからいろんなものを取り入れようって思うし。もちろんCHAIとして、帰って来るべき土台は日本に作りたいんだけどね。

ユウキ 日本人だしね。日本人としての誇りを持って世界に行きたい。日本の音楽って、海外から置いてけぼりにされている感じがあるじゃん。あれが悔しいよね。日本人だっていい音楽を作ってるし、世界に広まってほしいよ。

マナ アメリカでツアーをやったとき、本当に「ニーハオ」しか言われなかったから。

ユナ 「アジア=中国」っていう見方は、本当に根強かったよね。

マナ あれは悔しかった。「こっちは『こんにちは』だし、『おはよう』だよ!」って。日本はすごくいい国だし、日本語ってもっと伝わっていい言葉だと思う。私たちは日本がすごく好きだし、日本が体に合っている。だもんで日本で日本人に認められて、そのうえで世界に行きたい。

──「SXSW」、そしてアメリカツアーを体験しての印象はいかがでしたか?

カナ 「SXSW」は本当に自由なイベントだったよね。音があっちこっちから鳴り響いているのに、警察は何も言わないし(笑)。

ユウキ うん、エンタテインメントの国ってこういうことなんだなあって思った。

ユナ(Dr, Cho)

カナ アメリカは人と音楽との距離がすごく近いよね。日本だと、すぐにライブハウスに行ける環境もないし。私、ひとりで日本のライブハウスに行きたくないもん。暗いし、怖いし。

ユナ うん……日本のライブハウスは、怖いよね。

ユウキ 日本は、音楽に対してすごい距離感があるよ。1個、大きな壁を乗り越えないと音楽を体験できない環境になっている気がする。ハードルが高すぎて、全然音楽が身近じゃないよ。

ユナ そうだね。アメリカはもっと人と音楽が共存していて……そこはすごく日本と違ったし、いい刺激になったな。

上から目線で「がんばれ」なんて言えないよ

──そして今年の4月、そんな「SXSW」での模様も映った「sayonara complex」のMVが公開されてからのバズの起こり方はすごかったですよね。くるりの岸田繁さんや、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さん、木村カエラさんやヒャダインさん……本当に多くの著名な人たちが、この曲の素晴らしさに反応して。

マナ ね! 本当にすごかった。うれしかったなあ。

カナ 朝起きて、友達からLINEが来てると思ったら「ゴッチがCHAIのことつぶやいてるよ!」って(笑)。……本当にビックリした。

マナ 「sayonara complex」はたまたまできた曲なんだよね……本当にタイミングがよかった。それに「やっぱり、ああいう曲が響くんだなあ」って思った。もともとCHAIにはないタイプの曲だったからね。作れてよかった。

マナ(Vo, Key)

──あの曲は、歌詞においてもCHAIの持つ“餃子的な優しさ”が明確に形になっていますよね。

マナ うん、証明だよね。ずっと自分たちが言いたかったことを素直に書いた歌詞だと思う。やっぱりCHAIは、その人のそのままが素晴らしいって言いたいんだよね。だもんで私たちは聴いてくれている人を「応援している」って感覚もないの。ただ「味方になるよ」って言う感じ。だって私たちだって、みんなと同じ人間だから。上から目線で「がんばれ」なんて言えないよ。もっと言えば、私たちよりもみんなのほうがすごいことをしているなって思う。ちゃんと毎日仕事に行ったり……そういうことを、私たちは絶対できないから。だからみんなのほうがすごいし、みんなを褒めたい。

「好き」と言わせてくれない、すべてを取っ払う

──そんな「sayonara complex」が収められた「ほめごろシリーズ」を今年の4月にリリースし、今作「PINK」にたどり着きます。最初にも言いましたけど、本当に素晴らしい1stフルアルバムだと思います。

4人 ありがとう!!

──今回のタイミングで公開されたアーティスト写真のテーマは「多幸感」だそうですね。

ユウキ そう。私たちって、すごく日本人顔でしょう? 笑うと面白いんだよね(笑)。何も気にしない笑顔って感じがする。この笑顔を見てくれたら、みんな笑ってくれるんじゃないかと思って。CHAIが一番楽しんでいたら、みんなも楽しんでくれるだろうと思うんだよね。

──人の笑顔が見たければ、まずは自分たちが笑顔になるべきだって言うことですね。

ユウキ そう! いいこと言う!(笑)

──では最後に、「PINK」と言うアルバムタイトルの由来を教えてください。

カナ ピンク色は、CHAIの象徴だから。The Beatlesには「White Album」があるでしょ? だとすると、CHAIに作れる色のアルバムは「ピンクアルバム」だなって。

マナ 私たちが何を伝えたいのかって言うと、やっぱりピンクって色のパワーを伝えたいんだよ。ピンクは女の欲望を全部合わせた色だから。私たちは一般的にはピンクが似合わない女たちだと思うんだけど、そんな私たちがピンクを着ることで、ピンクをもっと身近に感じてほしいなって思う。いつの間にかピンク色は、ヒラヒラな服が似合う人たちしか「好きだ」と言えない色になっとる。でも、そうじゃないよって。私たちが着ているこのピンク色はすごくクールな色で、欲望の色で、そして私たち女が素直に、一番好きな色なんだってこと。

ユウキ 好きなもののことを「好きだ」って言っていいんだよってことだよね。

マナ そう。みんな子供の頃にしか「お姫様になりたい」とか、「シンデレラになりたい」とか言えなかったと思う。でも、大人になっても言っていいんだよ。それを言わせてくれないすべてを取っ払うために、私たちの最初のアルバムは「PINK」なの。

CHAI
CHAI「PINK」
2017年10月25日発売 / OTEMOYAN record
CHAI「PINK」初回限定盤

初回限定盤 [CD+ブックレット]
3240円 / CHAI-002~3

Amazon.co.jp

CHAI「PINK」通常盤

通常盤 [CD]
2592円 / CHAI-004

Amazon.co.jp

収録曲
  1. ハイハイあかちゃん
  2. N.E.O.
  3. ボーイズ・セコ・メン
  4. ほれちゃった
  5. あのコはキティ
  6. ぎゃらんぶー
  7. フライド
  8. かわいいひと
  9. ウォーキング・スター
  10. sayonara complex
  11. フラットガール
CHAI(チャイ)
CHAI
2013年に愛知・名古屋でマナ(Vo, Key)、カナ(Vo, G)、ユウキ(B, Cho)、ユナ(Dr, Cho)の4人によって結成された“ニュー・エキサイト・オンナバンド”。“NEOかわいい”“コンプレックスはアートなり”といったコンセプトを掲げて活動を行い、2016年12月には初のCD「ほったらかシリーズ」を発表。その後活動拠点を東京に移し、2017年には「SXSW」出演や全米ツアーなど海外でライブを行った。帰国後の4月には2枚目のCD「ほめごろシリーズ」を発売。「FUJI ROCK FESTIVAL」のROOKIE A GO-GO枠出演の際には満員で観られない人が続出したり、ユウキとユナが藤原ヒロシのライブにサポートメンバーとして参加するなど各所で話題を集めた。そして10月25日、バンドにとって初のフルアルバム「PINK」をリリースした。