音楽ナタリー Power Push - Bowline 2015 curated by Dragon Ash & TOWER RECORDS

Dragon Ashと「TMC」を作る13組

タワーレコード主催のライブイベント「Bowline」が9月26、27日に千葉・幕張メッセ、10月12日に大阪・Zepp Nambaにて行われる。「Bowline」は、毎回1組のアーティストをキュレーターとして起用し、彼らと、彼らが選定したアーティストがライブを行うというイベント。今回は26日公演でDragon Ash、27日公演でクリープハイプ、10月12日公演でHEY-SMITHがそれぞれキュレーターを務めることになった。

音楽ナタリーではこのイベントの開催を記念して、Dragon AshのKj(Vo, G)、桜井誠(Dr)、HIROKI(G)にインタビューを実施。「TMC(Total Music Communication)」をテーマに召集した13組の出演者について、各アーティストから届いたコメントを見ながら話を聞いた。

取材・文 / 三宅正一(ONBU) 撮影 / 小坂茂雄

今の「TMC」

左から桜井誠(Dr)、Kj(Vo, G)、HIROKI(G)。

──まずは、今回「Bowline」のキュレーターを務めるにあたって“「TMC」=トータルミュージックコミュニケーション”というテーマを復活させた経緯から聞かせてもらえますか。「TMC」というのは昔Dragon Ashが企画していたイベントの名前ですよね。

Kj(Vo, G) はい。今回のテーマは俺らのほうから提案したわけじゃないんだけどね。

──あ、そうなんだ。

Kj そう。スタッフから「『TMC』がいいんじゃない?」っていう提案を受けて、出てくれるメンツを集めてみたら「確かに『TMC』としか言いようがないよね」ってことになって。

──そうは言っても、Dragon Ashにとって「TMC」というテーマには強い思い入れがあるでしょう?

Kj まあ青春だからね。でも当時のトータルミュージックと今のトータルミュージックがイコールではないからね。今、当時一緒にやっていたメンツを集めても意味がないわけで。だから今回のブッキングは、過去の「TMC」にとらわれていないし、今の面白い若手やハンパじゃない同期、泥水をすすりながら音楽に人生を賭けてるやつらを一堂に会そうと思って。

桜井誠(Dr)

──あくまで2015年のDragon Ashが掲げる「TMC」であると。

Kj そうそう。

桜井誠(Dr) ほかにも呼びたいメンツはいろいろいたんだけど、スケジュールが合わない人もいたし。それでもこれだけのメンツが集まってくれるわけだから、いい日にしたいなと。

──HIROKIさんはどうでしょう?

HIROKI(G) 前にDragon Ashが「TMC」をやっていたときは、俺はまだサポートメンバーだったんです。なので今回は自分なりに呼んだら面白いだろうなあと思うバンドを提案させてもらいました。

──呼びたいメンツをメンバーそれぞれで出し合ったんですか?

Kj(Vo, G)

Kj うん。メンバー6人分の呼びたいメンツのリストが俺の元にきて。俺自身も呼びたいやつがいるし、ほかのメンバーのリストの中には俺が知らないやつらもいるから、それをすり合わせて。ただ、俺たちみたいに絆の強いバンドは一貫した共通意識があるから、呼びたいやつらのラインにブレみたいなものはなくて。その上でせっかく「TMC」と銘打つからには意外性があったり、コアなやつらにも声を掛けたいと思った。そのバンドやグループのライブを観たことのない客に紹介するというのも「TMC」のアイデンティティではあるからさ。例えば集客だけのことを考えたら、仲間内のメジャーなバンドだけを集めてやったほうがいいだろうし統一感もあると思うけど、そういうのはほかのフェスやイベントがやってることだから。

Bowline 2015

「Bowline2015」ライブレポート公開中

TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by Dragon Ash & TOWER RECORDS

2015年9月26日(土)

千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11ホール
OPEN 9:30 / START 11:00

出演者

Dragon Ash / AIR SWELL / Xmas Eileen / group_inou / the telephones / 四星球 / SUPER SONICS / SPECIAL OTHERS / 10-FEET / TOTALFAT / MAN WITH A MISSION / 山嵐 / ROTTENGRAFFTY / wrong city(オープニングアクト)

TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by クリープハイプ & TOWER RECORDS

2015年9月27日(日)

千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11ホール
OPEN 10:30 / START 12:00

出演者

クリープハイプ / indigo la End / きのこ帝国 / 銀杏BOYZ / 私立恵比寿中学 / ストレイテナー / 東京スカパラダイスオーケストラ / 04 Limited Sazabys / フジファブリック / BLUE ENCOUNT / miwa / go!go!vanillas(Warning Act)

尾崎世界観 (クリープハイプ)× GEN(04 Limited Sazabys)対談公開中
尾崎世界観 (クリープハイプ)× 峯田和伸(銀杏BOYZ)対談公開中

TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by HEY-SMITH & TOWER RECORDS

2015年10月12日(月・祝)

大阪府 Zepp Namba
OPEN 12:30 / START 13:30

出演者

HEY-SMITH / グッドモーニングアメリカ / DUB 4 REASON / PUFFY / POTSHOT / LIFE IS GROOVE / and more

Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)
Dragon Ash

Kj(Vo, G)、桜井誠(Dr)、IKUZONE(B)の3人で結成されたミクスチャーロックバンド。1997年2月にミニアルバム「The day dragged on」でメジャーデビューを果たす。1999年に発表したシングル「Let yourself go, Let myself go」がヒットを記録し、一躍有名に。2002年にはシングル「Fantasista」がサッカーワールドカップのFIFA公式テーマソングの1つに選出された。その後もオルタナティブロックやヒップホップ、ラテンなどさまざまなジャンルを取り入れたミクスチャーサウンドで独自の活動を続けるが、2012年4月にIKUZONEが急逝。以降はKj、桜井、BOTS(DJ)、HIROKI(G)、DRI-V(Dancer)、ATSUSHI(Dancer)の6人にサポートベーシストを加えた編成で活動している。2014年1月に3年ぶりのオリジナルアルバム「THE FACES」をリリース。同年5月にはキャリア初となる日本武道館ワンマンライブを成功させた。なおKjをはじめとするメンバーは、それぞれソロやユニットとして多方面で活動中。