BiSH「CARROTS and STiCKS」 PR

BiSH|汚くて美しい、人間らしさにじむアルバムが完成

メンバーの歌詞に見るそれぞれの心境、成長

──今作にはメンバーが作詞を手がけた楽曲も収録されています。リンリンさん作詞の「O・S」のタイトルは“オーエス”と読めばいいんでしょうか?

リンリン

リンリン 「オーバーソウル」です。「シャーマンキング」というマンガが好きで、このマンガは登場人物が人を見捨てたり、考えることをやめたりせずにどんなことがあっても問題を解決しようとする友達思いのいい人がたくさん出てくるんです。このマンガを読んでいたら自分の嫌なところ、気になるところがいっぱい見えてきたので、とりあえず直したいなと思う部分を歌詞に込めて、怒られているような口調で書きました。

──怒っている歌詞なのかと思ったら、逆なんですね。

リンリン そうなんです。私が怒られているという歌詞で、ずっと忘れずにいたいなと思うことをつづっています。

アイナ この曲はまだ振り付けを考えていないんですけど、私はその「シャーマンキング」を読んだことがないので振り付けできないじゃん!と思って。でもリンリンが「『シャーマンキング』は本当にすごいんだから!」と言うので、そのマンガを借りて読んでみたらけっこう面白かったです。

リンリン 霊を取り憑かせて戦うみたいな内容で、霊によって人の嫌なところばかり見えちゃうとかいろんな力があるみたいな……。

アイナ そこにヒューマンドラマも入ってきて、あまり読んだことないジャンルの作品でした。リンリンからインプットさせてもらう機会は貴重ですね。自分だけのアンテナで「シャーマンキング」を読む機会は多分なかっただろうし。

──続いてチッチさんは「FiNALLY」を作詞しています。

チッチ 自分が日々生きている中で、ついカッとなる怒りとは別に、冷酷に少しずつ溜まっていくフラストレーションってありますよね。この曲は沸騰するほどの怒りではないけど、世の中とか周りの人とか、自分以外に感じるヘイトな部分を投げ付けた歌詞になっています。聴いている人たちは会社員、フリーター、学生といろいろいると思うんですけど、普通に生きている中で誰しもが必ず感情を爆発させたほうがいいわけじゃないし、「思ったことがあるなら言ったほうがいいよ」なんて言う必要もなくて。溜まっているものもあるかもしれないけど、吐き出せない気持ちを持っている人は私たちが代わりに吐き出してあげるよ、ってくらいの気持ちでいて、ちょっとでも聴いてくれる人の気分がすっきりしたらいいなと思ってます。自分が思うことでもあるので、難しく考えずに聴いてもらえたらなって。

──何かモチーフになっているものはあるんですか?

チッチ 登場人物がいたほうが伝わるかなと思ったときに浮かんだのが渡辺さんでした。歌詞にある「遠い向こうに見たシルエット」とか「君」が渡辺さんを表しています。私は歌詞を書くときに身近な題材が必要で、別の世界を書くのは難しいです。思っていることや感じているもの、経験を歌詞で表現してます。

リンリン この曲はサビを2人ずつで歌っていて、けっこう世間に吐き捨ててる感じがして、ライブで歌っていてスカッとします。

アイナ チッチとは5年近い仲ですけど、最初は「SCHOOL GIRLS,BANG BANG」(2015年発表の1stアルバム「Brand-new idol SHiT」収録曲)の歌詞を書いていたんですよ。

チッチ それは「ヤリマン」がテーマの歌詞でした(笑)。

アイナ そういう歌詞を書いていた人が、ここまで取り繕わずに自分の気持ちを書けるようになって。その期間を一緒にいられてうれしいなと思ったのが「FiNALLY」の第一印象でした。メンバーの視点ですけど、チッチがいろんなことができるようになっていく過程も、一緒に成長できてるように思えましたし。5年前のチッチは歌詞で素直に自分を表現するタイプではなかったので、すごいなって。歌詞に限った話ではないですけど、5人それぞれ変化してると思うし、私を含めて成長できてると思います。

──アイナさんは青春パンク系の「CAN YOU??」で作詞をしています。青春パンク系のサウンドに合わせてか、歌詞もいつになくストレートですよね?

アイナ・ジ・エンド

アイナ ここまで直球な言葉を選んで歌詞を書いたことがあまりなくて。「この歌詞、歌うの恥ずかしいわあ」なんてライブで歌いながら思うくらい内面的なものを表していて……多分ここまでさらけ出すことはもうないですね(笑)。

──どうしてですか?

アイナ 恥ずかしいから(笑)。でも「CAN YOU??」で内面をさらけ出せたのは、渡辺さんの「優しいPAiN」の歌詞を見たのが全部のきっかけなんです。さっきも言いましたけど、渡辺さんが弱い面を出していることが今回多いので、「アイデンティティ」にも「クソみたいな世界」という単語が出てきたり、ちょいちょい弱ってるような言葉を使っています。私もちゃんとさらけ出してみようと思ったから。これまでは過去の思い出を歌詞にすることが多かったんですよ。「Hey gate」(2016年発表のメジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」収録曲)の歌詞が化学の先生を思い返して書いたのもそうだし。今回は私と関わってくれている人、一緒にいてくれている人のことを思いながら、現状のことを書きました。

チッチ この曲はライブでシンガロングできるし、語りかけるように歌えるので、お客さんとのつながりをすごく感じられるんです。いい空気になる曲だと思っているので、きっとお客さんも一体感を感じてもらえて、BiSHとつながっている感覚になるんじゃないかな。

リンリン 歌詞をメロディに合わせると「何を語るっていうんだよ」「たまらなく歯がゆくてさぁ」とか歌詞の語尾が人にネチネチというか、クヨクヨというかそんな感じが人間らしい歌詞のような……。

チッチ 素直な気持ちが歌詞になってるからね。

「MORE THAN LiKE」を育てていきたい

──ほかの楽曲で印象に残っている楽曲についても聞かせてください。

チッチ 私は「MORE THAN LiKE」と「アイデンティティ」がすごく好きです。「MORE THAN LiKE」は「オーケストラ」みたいな雰囲気のある曲。綺麗なメロディの曲が好きなので、音源をいただいたときに「このメロディはズルいなあ」って。儚くて切なさもありながら、心にグッと来る感じが楽曲自体にあって、歌詞が乗ったらまたいいんです。渡辺さんもすごく気に入っていて、私は「オーケストラ」みたいな曲だと感じたので、アルバムの中の1曲ですが、もっと広がっていったらいいなって思いました。「KiLLER BiSH」でも「オーケストラ」が3曲目で、今回のアルバムでは「MORE THAN LiKE」が同じ3曲目なので。先日MVを撮ったんですけど、BiSHの今と昔がつながっていっている内容だと思うので、楽しんでもらいたいです。

──「オーケストラ」のようにライブを通じて楽曲が育っていくといいですね。

チッチ 振り付けはわかりやすい感じになっているので、お客さんに喜んでもらえると思います。

──リンリンさん、アイナさんが気になった曲は?

リンリン 「CHOP」ですね。歌詞というよりはメロディ、雰囲気がワイワイにぎやかなので、フェスでやりたいなと思って。振り付けもまだなので、どう仕上げていくのかを含めて楽しみです。

アイナ 私は「DiSTANCE」です。すごく好きです。サウンドも斬新で、サビでここまで高揚感のある曲がひさしぶりに来たなと思っていて。ハシヤスメの2番のサビが個人的にけっこう好きで。振り付けもうまくいったと思うので、ぜひ楽しんでほしいです。

BiSHなりの二刀流で楽しませたい

──9月23日には大阪・大阪城ホールでワンマンライブ「And yet BiSH moves.」が開催されます(参照:アイナの夢が現実に、BiSH大阪城ホールワンマン「And yet BiSH moves.」開催決定)。アイナさんが夢見ていた舞台ということですが。

アイナ なんばHatchで初めてワンマンライブをやったとき(2017年1月の「BiSH NEVERMiND TOUR」)に言ったことなんです。なんばHatchがBiSH加入前にコンテストでずっと負け試合をしていた場所で、そんななんばHatchでワンマンができたこと自体もうれしかったし、そのことをMCで話した勢いで「大阪城ホールでいつかやりたいです」と泣きながら言っちゃいまして。

リンリン ふふふ(笑)。

アイナ なんばHatchを埋められてないのに泣きながら(笑)。

セントチヒロ・チッチ

──BiSHは今年の5月で4周年。中野heavysick zeroでの80人ライブに始まり、昨年には幕張メッセで1万7000人のキャパにまでファン層を広げました。今回のツアーはZeppクラスのライブハウス中心でしたが、大きな会場とそれぞれ違った魅力があるのもBiSHのライブのよさかなと思います。

アイナ そう思います。会場の規模によってBiSHは二刀流ができたらいいなと思っていて。ライブハウスでの熱量、一体感を生み出すのはライブハウス独特の熱量を楽しめる楽曲があり、リンリンが言っていたみたいに自分の世界に入り込める楽曲があるので。例えば「FREEZE DRY THE PASTS」「優しいPAiN」があって、前作だと「My landscape」あたりがそう。コンテンポラリー要素の強いダンスを取り入れた曲は、みんなで盛り上がって会場の一体感を楽しむというよりもステージを見入る要素が強いと思うので、その二刀流を使えたら、お客さんの楽しみ方も増やせますね。

チッチ BiSHは昔から掲げている東京ドームでの単独ライブをもちろん今も目指していて、武道館に立ちたいという気持ちも変わっていません。目指すところはたくさんあるんですけど、ツアー、フェス、対バンイベントもいろいろ呼んでいただいているので、BiSHの6人が1個ずつ丁寧にライブをしっかりやっていって、2019年もあと半分なんですけど、BiSHらしさを忘れずにやっていきたいなと思っています。

ライブ情報

THAT is YOUTH!!!!FES curated by CENT CHiHiRO CHiTTiii
  • 2019年7月16日(火)東京都 Zepp Tokyo
    OPEN 17:30 / START 18:30<出演者> BiSH / eastern youth / GEZAN / リーガルリリー

チケット料金:
1Fスタンディング 5000円(税込)
2F指定席 6000円(税込)
※18歳未満キャッシュバックあり(身分証提示で3000円キャッシュバック)

And yet BiSH moves.

2019年9月23日(月・祝)大阪府 大阪城ホール

NEW HATEFUL KiND TOUR
  • 2019年10月6日(土)埼玉県 越谷サンシティホール
  • 2019年10月13日(日)熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
  • 2019年10月14日(月・祝)福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール
  • 2019年10月18日(金)京都府 ロームシアター京都
  • 2019年10月22日(火・祝)静岡県 沼津市民文化センター
  • 2019年10月27日(日)香川県 レクザムホール
  • 2019年11月3日(日・祝)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2019年11月4日(月・振休)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2019年11月9日(土)愛媛県 松山市民会館
  • 2019年11月14日(木)東京都 オリンパスホール八王子
  • 2019年11月16日(土)山口県 周南市文化会館
  • 2019年11月17日(日)広島県 上野学園ホール
  • 2019年11月23日(土・祝)石川県 本多の森ホール
  • 2019年11月24日(日)長野県 ホクト文化ホール 大ホール
  • 2019年11月29日(金)神奈川県 相模女子大学グリーンホール
  • 2019年12月4日(水)東京都 東京国際フォーラム ホールA
  • 2019年12月7日(土)北海道 札幌文化芸術劇場hitaru
  • 2019年12月13日(金)宮城県 仙台サンプラザホール
  • 2019年12月14日(土)岩手県 盛岡市民文化ホール 大ホール
  • 2020年1月10日(金)兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール
  • 2020年1月11日(土)大阪府 オリックス劇場
  • 2020年1月18日(土)栃木県 宇都宮市文化会館
  • 2020年1月22日(水)東京都 NHKホール
  • 2020年1月23日(木)東京都 NHKホール
  • ※ダイブ・リフト・サーフ禁止

チケット料金:
【通常チケット】
S席 7000円(税込)
A席 3500円(税込)
年齢制限 / 未就学児童入場不可

  • BiSHファンクラブ1次先行
    【受付日程】2019年7月4日(木)22:00 ~ 7月5日(金)22:00
  • BiSHファンクラブ2次先行
    【受付日程】2019年7月6日(土)18:00 ~ 7月15日(月)23:00
  • WACK FAMiLY CLUB先行
    【受付日程】2019年7月16日(火)18:00 ~ 7月22日(月)23:00
  • HP抽選先行
    【受付日程】2019年7月23日(火)18:00 ~ 7月29日(月)23:00
  • いち早プレリザーブ
    【受付日程】2019年7月30日(火)18:00 ~ 8月5日(月)23:59
  • プレリザーブ
    【受付日程】2019年7月31日(水)18:00 ~ 8月7日(水)23:59
  • セブン-イレブン先行
    【受付日程】2019年8月8日(木)12:00 ~ 8月13日(火)23:59
  • セブン-イレブン2次先行
    【受付日程】2019年8月14日(水)12:00 ~ 8月19日(月)23:59
  • プレリザーブ(※後半9公演のみ対象)
    【受付日程】2019年9月2日(月)12:00 ~ 9月9日(月)23:59