音楽ナタリー PowerPush - [Alexandros] This Summer Festival 2014

世界に踏み出した4人の渇き

[Alexandros]が12月16日からライブイベント「This Summer Festival 2014」を開催する。彼らが“フェス”と銘打って行うこのイベントは今回で9回目。東名阪での開催は今年が初めてで、各地のラインナップにはそうそうたるメンツが名を連ねている。

ナタリーでは結成して間もない頃からバンドがこのフェスを続ける理由を問いつつ、先日発表されたばかりのユニバーサルミュージックとの“パートナーシップ”についてもリサーチ。貪欲に、そしてまっすぐに目標へと進み続ける[Alexandros]の新たな動きに迫った。

また「This Summer Festival 2014」の出演者から[Alexandros]へのコメントも寄せられているので、こちらもあわせて楽しんでほしい。

取材・文 / 清本千尋 撮影 / 福岡諒祠

 
mixiチェック

ディスフェスは昔から“フェス”です

──「This Summer Festival」を始めた経緯を聞かせていただけますか?

[Alexandros]

川上洋平(Vo, G) アマチュア時代、それこそ結成して2、3年くらいかな。その頃なんてまだお客さんも10人もいないぐらいだったんですけど、自分たちのバンド主催で「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」とか「FUJI ROCK FESTIVAL」に負けないフェスを作っちゃおうと思ったんです。まあでも初年度だからそんなにキャパ上げても仕方ないし、2000人くらいにしようって。

──最初から十分デカいです(笑)。

川上 当時よく行ってたライブハウスの店長に相談したら、「2000人ね、うん……。最初はそんなにがんばらなくてもいいんじゃないの?」って言われて。

磯部寛之(B, Cho) そこで俺らは逆ギレ気味に「なんでそんなこと言うんですか! 目指さない限りは一生成功なんてしませんよ!」って(笑)。

川上洋平(Vo, G)

川上 そしたらその店長は「確かにそうだ。その通りだ。がんばれ!」って言ってくれて(笑)。そこから毎年やるようになるんです。

──初回の会場はどこだったんですか?

川上 池袋のLive inn ROSAです。

磯部 最初はジャンル問わずにしようと思って、バンドだけじゃなくてダンスのユニットを呼んだりもしました。あと“フェス感”を出すために、場内で友達に枝豆を売ってもらったり(笑)。でも初回は友達とかも呼びまくって50人くらいの動員数でした。

庄村聡泰(Dr) ライブハウスでブッキングされてイベントに出てると「そろそろ企画やんなよ」とか言われることがあったりするんです。でもディスフェスは自主企画ライブじゃなくて、あくまで“フェス”のつもりでやってますから。

川上 そうそう。ディスフェスは昔から“フェス”なんですよ。

ステージ上ではバチバチ感を見せていきたい

──ディスフェスでは[Alexandros]がホストになるわけですが、そういう意識はありますか?

川上 あんまりないです。主催者だからといって、相手を立てたりとかはないですし、自分たちは対バンで成り上がってきたバンドだっていう自負があるので、むしろお客さんを奪っていかなきゃなって思ってます。

──対バンで成り上がってきたっていうのはずっと感じてますか?

磯部寛之(B, Cho)

川上 そうですね。先輩バンドの前座をやったりとか、イベントに出させてもらって、うちら目当てじゃないお客さんの目線をこっちに引き寄せるっていうことをアマチュア時代から今までずっとやってきたんですよね。だから自主企画のときもあまり寛大な心は持ってないですよ。逆に相手にもそう思っててほしい。楽しくワイワイっていうより切磋琢磨していきたいなと。

磯部 なあなあなイベントって観てても面白くないんですよ。さっき洋平も言いましたけど、裏でワイワイやったりとか仲いいっていうのは大いにやりたい。だからこそステージ上はバチバチ感を見せていきたいですね。

川上 うん。打ち上げは別でね。

いつかまたノンジャンルでもやりたいね

川上 今回andropさんだけ、まだ面識ないんですよ。

──意外ですね。フェスとかでは一緒になってますよね?

庄村 それもないんでマジで会ったことがないんですよ。

──そんなandropを今回なぜ呼んだんですか?

磯部 純粋に気になってて。もちろん音源も聴いてますし。仲の良し悪しで選んだメンツではないので、単純にやってみたかったんです。

──なるほど。各地のバンドの組み合わせはたまたまですか?

川上 スケジュールとかの兼ね合いもあった中で、なるべく面白い組み合わせになるようにしました。初日のKANA-BOONとゲスの極み乙女。っていうのも、ウチくらいじゃないですか?

──確かに(笑)。

庄村 ORANGE RANGEとキュウソとウチ、9mm Parabellum Bulletとクリープハイプとウチが一緒に観れる日っていうのもなかなかないんじゃないかなって。

川上 全部含めてすごい組み合わせになりました。ACIDMAN、androp、[Alexandros]の並びもかなり珍しいと思いますよ。

──全部頭文字がAですよね。

白井眞輝(G)

一同 あはは(笑)。

庄村 それたぶん誰も気付いてなかったです(笑)。なんかしよう。その日は。

──ファイナルの日ですし。

庄村 AAAに出てもらうとか……。Aだらけだ。

川上 それ面白い!

磯部 テレビ出演とかで何度か一緒になってるし(笑)。

庄村 いつかまたノンジャンルでもやりたいね。絶対面白い。

磯部 ゆくゆくはやりたいよね。

This Summer Festival 2014
2014年12月16日(火)愛知県 Zepp Nagoya
<出演者>
[Alexandros] / KANA-BOON / ゲスの極み乙女。
2014年12月19日(金)東京都 Zepp Tokyo
<出演者>
[Alexandros] / ORANGE RANGE / キュウソネコカミ
2014年12月20日(土)東京都 Zepp Tokyo
<出演者>
[Alexandros] / 9mm Parabellum Bullet / クリープハイプ
2014年12月22日(月)大阪府 なんばHatch
<出演者>
[Alexandros] / ACIDMAN / androp
DVD / Blu-ray「SPACE SHOWER TV presents Welcome! [Alexandros]」 / 2014年12月24日発売 / RX-RECORDS / UK.PROJECT
Blu-ray Disc / 5184円 / RX-096
DVD / 4104円 / RX-095
Blu-ray Disc / 5184円 / RX-096
収録曲 / オリジナルアーティスト
  1. 涙がこぼれそう(Acoustic Version) / [Alexandros]
  2. Kill Me If You Can / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:Masato(coldrain)
  3. Cat 2 / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:稲村太佑(アルカラ
  4. 春は風のように / BIGMAMA
    ゲストアーティスト:金井政人、東出真緒(BIGMAMA)
  5. city / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:金井政人(BIGMAMA)
  6. Rocknrolla! / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:ホリエアツシ(ストレイテナー)
  7. You're So Sweet & I Love You / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)
  8. She's Very / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:光村龍哉(NICO Touches the Walls)
  9. urban disco / the telephones
    ゲストアーティスト:石毛輝、岡本伸明(the telephones)
  10. Waitress, Waitress! / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:石毛輝、岡本伸明(the telephones)
  11. Stimulator / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:蒼山幸子(ねごと)
  12. FLY / M-flo + Yoohei Kakawami
    ゲストアーティスト:m-flo + Yoohei Kawakami
  13. 涙がこぼれそう / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:山田将司(THE BACK HORN)
  14. Oblivion / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:Rihwa
  15. Ho! / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:ハヤシ(POLYSICS)
  16. シーラカンス イズ アンドロイド / POLYSICS
    ゲストアーティスト:ハヤシ(POLYSICS)
  17. Adventure / [Alexandros]
  18. Droshky! / [Alexandros]
  19. Discommunication / 9mm Parabellum Bullet
    ゲストアーティスト:菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
  20. For Freedom / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
  21. Forever Young / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:川谷絵音(indigo la End、ゲスの極み乙女。)
  22. My Blueberry Morning / [Alexandros]
    ゲストアーティスト:のび太(WHITE ASH)
  23. Untitled / [Alexandros] ※番組未発表曲
[Alexandros](アレキサンドロス)

[Alexandros]

川上洋平(Vo, G)、磯部寛之(B, Cho)、白井眞輝(G)、庄村聡泰(Dr)の4人からなるロックバンド。2007年より[Champagne]名義で本格的に活動を始める。2010年1月にRX-RECORDSから1stアルバム「Where's My Potato?」を発表。美メロとパワフルなバンドサウンドを武器に、さまざまなイベントやフェスに出演しファンを獲得する。2013年6月に4thアルバム「Me No Do Karate.」をリリース。2014年3月の東京・日本武道館公演でバンド名を[Champagne]から[Alexandros]に改名した。同年4月から東名阪2DAYSを含む全国Zeppツアー8公演を実施。同年6月に改名後初めての作品となるシングル「Adventure / Droshky!」と、武道館公演の様子を収めたライブDVD / Blu-ray「[Alexandros] Live at Budokan 2014」をリリースした。11月にはユニバーサルミュージックとパートナーシップを結んだことを発表。2015年の年間計画として3月にシングル、6月にフルアルバムの発売、7月に日本武道館公演、秋のツアーの開催をアナウンスした。