オーロラの下で

オーロラの下で

オーロラノシタデ

上映時間:123分 / 製作:1990年(日本) / 配給:東映=こぶしプロダクション=ソビエト合作公団=テレビ朝日=モスフィルム

解説 3年の月日をかけ、オール・シベリアロケで作られた日ソ合作。1925年に極寒のアラスカで伝染病の血清を届けた犬ゾリのリーダーのオオカミ犬と人間との友情を描いたもの。舞台をシベリアに置き換えた本編では、オオカミ犬の“ブラン“と、日本人・源蔵の熱い友情が綴られる。極寒の零下50度のなか、演技をした役所広司の熱演が見もの。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全3件)