ウィッカーマン final cut

ウィッカーマン final cut

ウィッカーマンファイナルカット

2020年10月17日(土)公開 / 上映時間:94分 / 製作:2013年(英) / 配給:アダンソニア

(C)canal+

解説 1973年に公開された『ウィッカーマン』をロビン・ハーディ監督自ら再編集した長編版。少女の行方不明事件を追うために島を訪れた警部が、奇祭に翻弄される姿を描く。映画40周年記念の2013年に紛失していたネガフィルムを発見し、製作に至った。一部でカルト的な人気を誇り、『ミッドサマー』アリ・アスター監督にも影響を与えた一作だ。

ストーリー ある日スコットランド本土のハウイー警部に、島から少女の行方不明を知らせる匿名の手紙が届いた。彼は島を訪れ、捜査を開始するも島民はおろか、母親までも少女の存在を否定。諦めず調査を続ける警部は、島民が信仰するケルト教の儀式に巻き込まれることに。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ロビン・ハーディー

キャスト

エドワード・ウッドワード
クリストファー・リー
ダイアン・シレント
ブリット・エクランド
イングリッド・ピット
リンゼイ・ケンプ

ウィッカーマン final cutの画像