剣の舞 我が心の旋律

剣の舞 我が心の旋律

ツルギノマイワガココロノセンリツ
TANETS S SABLYAMI

2020年7月31日(金)公開 / 上映時間:92分 / 製作:2018年(ロシア=アルメニア) / 配給:アルバトロス・フィルム

(C)2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC

解説 クラシック界で数々の名曲を残した旧ソ連の巨匠アラム・ハチャトリアンが、名曲『剣の舞』を若き日にたったひと晩で書き上げたというエピソードを映画化。天才作曲家が音楽に込めた、民族の悲しみと世界平和への祈りを明らかにしていく。出演はアンバルツム・カバニャン、アレクサンドル・クズネツォフ。監督・脚本をユスプ・ラジコフが務める。

ストーリー 第2次世界大戦中、レニングラードアカデミック劇団の団員たちは、軍部に監視されながらプレミア上演に向けて準備をしていた。公演まであと8時間と迫る中、音楽を担当するアラム・ハチャトゥリアンは、役人により戦意を高揚させる楽曲を作ることを命じられる。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ユスプ・ラジコフ

キャスト

アムバルツム・カバニアン
サーシャ:ヴェロニカ・クズネツォーヴァ
アレクサンドル・クズネツォフ
オイストラフ:アレクサンドル・イリン
ブラーギン:イヴァン・リジコフ
アニシモワ:インナ・ステパーノヴァ
セルゲイ・ユシュケーヴィチ

剣の舞 我が心の旋律の画像