母 小林多喜二の母の物語

母 小林多喜二の母の物語

ハハコバヤシタキジノハハノモノガタリ

2017年2月25日(土)公開 / 上映時間:112分 / 製作:2017年(日本)

(C)現代ぷろだくしょん

解説 『石井のおとうさんありがとう』や『山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』など福祉や平和問題をテーマに作品を手掛けてきた山田火砂子監督が三浦綾子の小説『母』を映画化。寺島しのぶを主演に迎え、『蟹工船』などで知られるプロレタリア作家で、反戦を訴えるも国家権力に殺害された小林多喜二と、その母・セキの波乱に満ちた生涯を描く。

ストーリー 秋田県で小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家に生まれたセキは、15歳で小林の家に嫁ぎ、3男3女を産み育てた。セキの次男・多喜二は、小樽高商(現小樽商科大学)を卒業後、銀行に勤めるが、貧しい人々の味方となって小説を書き、反戦を訴え続けた。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全11件)