ラスト・リベンジ

ラスト・リベンジ

ラストリベンジ
DYING IF THE LIGHT

2015年5月2日(土)公開[R-15] / 上映時間:94分 / 製作:2014年(米) / 配給:東京テアトル=日活

(C)2014 DYING OF THE LIGHT, LLC, ALL RIGHTS RESERVED

解説 ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・アクション。引退勧告をされたベテランのCIA捜査官が、世界を舞台に宿敵のテロリストを追い詰めていく様を描く。監督は『タクシードライバー』『レイジング・ブル』の脚本家ポール・シュレイダー。製作総指揮には『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』の監督、ニコラス・ウィンディング・レフンが名を連ねる。

ストーリー ベテランCIA捜査官のレイクは、上司から引退勧告を受け、さらには医者から認知障がいだと診断される。そんな彼のもとに宿敵のテロリスト、バニールの生存情報が入る。バニールへの復讐と、国家の威厳と名誉を守るため、レイクは命懸けで最後の戦いに挑む。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全14件)