D坂の殺人事件

D坂の殺人事件

ディーザカノサツジンジケン

2015年2月14日(土)公開[R-15] / 上映時間:114分 / 製作:2015年(日本) / 配給:キングレコード

(C)2015キングレコード

解説 1998年にも実相寺昭雄監督が映画化した江戸川乱歩の探偵小説を、乱歩の没後50年を記念し、『失恋殺人』でもメガホンを執った窪田将治監督が映画化。名探偵・明智小五郎の活躍と、D坂で起きた事件の裏に潜む愛憎関係を官能的に描く。週刊誌でグラビア連載を持つ祥子が映画初主演を務め、大胆な濡れ場に体当たりで挑む。共演は木下ほうか。

ストーリー D坂で起きた蕎麦屋主人の謎の死。警察は自殺と判断したものの、名探偵・明智小五郎とその妻・文代は疑問を抱き、他殺とみて独自の捜査を開始する。真相が明らかになるにつれて、事件の裏に潜むおぞましい愛憎関係と果て無き人間の情欲が浮かび上がってくる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)